WOOLMARK COMPANY

LABOUR AND WAIT×LAVENHAM レイバー・アンド・ウエイト×ラベンハムのジレ

英国ワーカースタイルをベースに、両ブランドのエッセンスを融合

英国王室御用達ブランドにして、キルティングジャケットの元祖ともいうべき名門ラベンハム(LAVENHAM/1969年、英国東部サフォーク州で創業)がこのたび、ロンドン発の生活雑貨店レイバー・アンド・ウエイト(LABOUR AND WAIT)とコラボレートし、リバーシブル仕様のジレをリリースしました。

レイバー・アンド・ウエイトはメンズウェア出身のデザイナーだったレイチェル・ワイズ・モラン氏とサイモン・ワトキンス氏により、2002年にイースト・ロンドンの中心地に開業。英国のみならずヨーロッパ各国からセレクトした美しいデザイン&高い実用性をもつ、タイムレスな生活道具、キッチンウェア、ガーデン用品、文房具、服飾雑貨などを紹介している人気ショップです。日本でもファンは少なくなく、2017年2月に東京・千駄ヶ谷に日本初の直営店がオープンしたことも話題になりました。

そのレイバー・アンド・ウエイトの開業20周年を記念し企画された、このジレは英国カントリーのワークウェアをベースにしつつ、両ブランドのフィロソフィを反映したリバーシブル仕様となっています。表身頃にブリスベンモス(Brisbane Moss/1858年、英・ヨークシャー州に創業した名門ファブリックメーカー)製の、タフなワークウェア用コットンキャンバスを使用。大きなユーティリティポケットは、レイバー・アンド・ウエイトのコンセプトを落とし込んだものです。一方、裏身頃には2インチダイヤモンドキルティングを施した耐水性ポリエステルを採用。ラベンハムの代名詞であるパッチポケットも、さりげなく配されております。

後ろ身頃が少し長めに取られており、ややオーバーサイズのフィット感にすることで動きやすく、かつ快適な着心地に。ちなみに製造は英国にあるラベンハムの工場が手がけており、ブランドタブなどのパーツも全て英国で調達。と、これは英国好きならずとも、とてもウレシいポイントです。

ということで、1着で2Wayの着こなしが楽しめる、このリバーシブル・ジレ。まだまだ暑い日々が続いてはいますけれど、いち早くコレを先取り買いして、ほどなく訪れる秋冬に備えてください!

レイバー・アンド・ウエイト×ラベンハムの
「ジレ」

表地:綿100%
中綿&裏地:ポリエステル100%
トリム:綿100%
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック、タン
価格:各3万8500円

問い合わせ先/ラベンハム カスタマーサービス ☎ 03-6682-9155
https://www.lavenham.jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ