string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368545/"
int(1)
int(1)
  

Artek アルテック カルセリ ラウンジチェア

あのコンラン卿にも認められた

1960年代初頭のある冬、娘と雪遊びをしていたデザイナーのウルヨ・クッカプロが雪に倒れ込んでついた凹みを見て閃き、人間工学に基づき設計された名作。

デザイン界の巨匠であり、コンランショップの創始者でもあるコンラン卿はこのチェアを一番のお気に入りと評し、一日に一度は腰を下ろしたとか。

もちろん現在もコンランショップで取り扱われています。

Artek アルテック カルセリ ラウンジチェア

Artek[アルテック]
カルセリ ラウンジチェア

世界一快適なチェアとして名高い名作中の名作。フィンランド語でメリーゴーラウンドを表す「カルセリ」の名の通り、前後に揺らしたり、座面を回転させることもできる。W80×H92×D97.5cm。92万700円(アルテック)
 

巨匠もニヤける世界一の座り心地

Artek アルテック カルセリ ラウンジチェア

[Designer]
 
Yrjö Kukkapuro ウルヨ・クッカプロ
 
Yrjö Kukkapuro(ウルヨ・クッカプロ)
country:フィンランド

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「北欧インテリア A to Z」の最新記事

デザイン界の巨匠「コンラン卿」にも認められた世界一快適なチェアとは

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ