string(38) "https://www.e-begin.jp/article/364012/"
int(1)
int(1)
  

リモートワークが浸透してきたといっても、どうしても避けられない対面での打ち合わせ。「久しぶりの出社、ちょっとかったるいな……」なんて思ってしまいがちですよね。

そんなときには、質のいいワイシャツに袖を通すのが正解。特にオススメなのが「麻布テーラー」が万人の身体にフィットするよう技巧を凝らした至極の1着。モデルと生地はそれぞれ2種類サイズの幅も広いので、あなた専用の戦闘服にきっと巡り会えるはず。もちろん、素材も一級品。コスパ力も抜群です。スッと袖を通せば、沈んでいたモチベーションも急上昇するに違いありません! タックインスタイルの要ともいえるレザーベルトと一緒にご紹介します♪

100字で麻布テーラー


創業50年以上の仕立屋が舵を切るビジネスウェアブランド。その経験に裏打ちされた繊細なパターンメイキングは天下一品。既製品なのにオーダーメイド級のフィット感を味わえる。ベルトやネクタイなどの小物も展開中。

2種類の異なるフィット感


左はスリムフィット。ミニマムなアームホール設計&ウエストラインにダーツが施されているため、身体のラインを美しく見せます。右はクラシックフィット。スリムに比べ適度なゆとりを持たせた正統派シルエットで、ジャケットのインナー使いに最適です。

ドレスシャツの王道
上品な光沢のあるブロード生地タイプ


まずはドレスシャツの王道素材、ブロードを使ったタイプから。ブロードとは細い糸で高密度に平織りした生地のことを指します。一般的に80番手レベルの細い糸を使用した生地が上質であるとされますが、こちらには100番手の綿糸を使用。通常よりもかなり細い糸で仕上げられているので、滑らかさと光沢が一味も二味も違います。

襟の形は、ネクタイの結び目を美しく見せるワイドカラー。ファッション業界に多大な影響を及ぼした、英国のウィンザー公が好んでいた襟型で、別名ウィンザーカラーとも呼ばれています。ビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭などフォーマルさが求められる場面においても着用可能です。>>>詳しくはこちら(クラシックフィット)(スリムフィット

ビギン別注でネクタイも!


オーダースーツ用に提案される超ハイクオリティーな強撚糸ウールを使用したオールシーズンタイをビギン別注で作製。「防シワ」・「撥水」・「撥油」と機能もばっちり。ストレッチ性も兼ね備えているので、結び心地も最高です。>>>詳しくはこちら

カジュアルと上品が絶妙に共存
ビジカジに絶好なピンオックスタイプ


お次はピンオックスを使ったタイプ。ピンオックスとは、オックスフォード(タテヨコ2本の糸を引き揃えた平織りの生地)を、細い糸で仕上げたバージョンのこと。生地本来のカジュアルな雰囲気はそのままに、適度な上品さがプラスされビジカジスタイルに絶好。ブロードに比べハリがあるので、小さなシワが目立ちにくいという利点も。

襟の形は、襟先にボタンホールが付いているボタンダウン。ポロ競技選手の着用しているユニホームをヒントに、1900年ごろ米国の紳士服メーカー「ブルックス・ブラザーズ」がその襟をドレスシャツに応用したことが誕生のきっかけとされています。その背景からも想像できる通り、チノパン×ローファーと合わせたアイビースタイルに◎。お洒落上級者の着こなしを楽しめますよ♪>>>詳しくはこちら(クラシックフィット)(スリムフィット

タックインを美しく魅せるカギはベルトにアリ!

ベルトって結構値段もするし、つい手を抜きがちなファッションアイテムではないでしょうか。しかし!ここにこだわるとタックインスタイルが格段にお洒落になるんです。ってなわけで、麻布テーラーが展開中のベルトを2種ご紹介。どちらも高品質なレザーを使用しているのに、税抜きジャスト1万円! コスパ力鬼高です。

サイズ調整を自分でできる!


本来、同ブランドではベルトとバックルは別売り。しかし、今回ビギンでは特別にセットとしてご提案!もしサイズが合わなければ、「①ベルトをカット②ベルトホールを開ける③組み立てる」という男心くすぐるプロセスを踏むことで、自分に合ったサイズに調整できます。ちなみにバックルはねじ式パーツで簡単に付け外し可能!

ヨーロッパ原産シボ革使用で男を格上げ!


革産業が盛んなヨーロッパ原産の高品質なシボ皮を使用。表面にちりめん状の細かい不規則なシワ模様があるため、少々の傷なら目立たず長い間愛でられます。カラーは3色。>>>詳しくはこちら

伊のタンナーが仕上げた高級感のある1本


ベルト部分にはイタリアのトスカーナ地方のタンナーが作る、しなやかで高品質なカウレザーを使用。控えめな光沢感が程よく高級感を演出。プレーンとリザード型押しの2パターン。>>>詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ