wook vol.7

NIXON ニクソンの ハイ-タイド

ポップ&軽やかなルックスだから、街使いしてもお洒落です

ニクソン(NIXON/1998年、米・カリフォルニア州サンディエゴ郡のノースカウンティエリアにある、サーフスポットとして名高いエンシニータスで創業)はサーフィン、スケートボード、スノーボードの3Sスポーツを愛する人たちに向け、腕時計をメインにバッグ、財布、アクセサリー、アパレルなどを幅広く展開しているブランドです。

今回紹介する「ハイ-タイド(High Tide)」は、サーフィンや海にバックグラウンドをもつニクソンらしい、タイドグラフを備えた時計。しかも昨今、世界的に問題視されている海洋プラスチックをリサイクルしてケースに採用した、サスティナブルなアイテムでもあるのです。

タイドグラフとは、潮の干満時刻を確認できる機能のこと。釣りやサーフィンなどのアクティビティの際に役立つのですが、このモデルではあらかじめ世界550か所の海岸地点における正確なタイド情報が登録されており、さらに波間隔の計測に活用できるクロノグラフ、月の満ち欠けや日の出・日の入り時刻表示などの機能も併載。それらを操作するためのプッシュボタンは、手首の動きによる誤作動を回避すべく、12時&6時位置に設けられています。

いっぽう、リサイクル海洋プラスチックについてですが、実はこの「ハイ-タイド」を含み、今回登場した全6モデルに同素材が採用されていて、女性にもオススメのケース幅38mmモデルとか、6月発売予定のソーラーパワー搭載モデルなどもラインナップ。デザイン&色バリが豊富な顔ぶれとなっています。ちなみに、いずれかのモデルを購入すると、その売上の一部が海岸環境の保護に努めるNGO「サーフライダー-ファウンデーション-ジャパン」に寄付されるとのこと。さすがニクソンさん、どこまでも海思いですね。

ということで、すぐれた機能で海でのアクティビティをフォローしてくれて、地球環境への配慮も併せ持つタイドウォッチ「ハイ-タイド」。見れば、ルックスもポップでお洒落とあって、釣りやサーフィンとは無縁の人にとっても、街使いウォッチとしてかなりカッコイイと思うのです!

NIXON ニクソンの ハイ-タイド

写真上では「ハイ-タイド」(カラーはダークスレート)の画面上段に現時刻の時・分(「P」は午後を表すイニシャル。24時間表示も可能)や年・月・日・曜などを、下段に干満時刻(「HIGH」は満潮時を示す)などを表示したところ。ちなみに、干満の推移を曲線グラフ表示させることもでき、さらに、日の出日の入りと月相の表示も可能だ。

NIXON ニクソンの ベース-タイド-プロ

コチラは特許取得ずみ「ロッキング ルーパーズ(Locking Loopers™)」機能により、手首にしっかりと固定できるシリコン製バンドが採用された「ベース-タイド-プロ(Base Tide Pro)」。ケース素材がリサイクル海洋プラスチックで、世界550か所のタイド情報がプリセットされているなどは「ハイ-タイド」と同様だ。色バリ豊富な全8色展開(写真はレッド×ブラック)。クォーツ。100m防水。ケース幅42mm。1万9800円。

ニクソンの
「ハイ-タイド」

駆動方式:クォーツ
防水性能:100m防水
ケース幅:44mm
ケース素材:リサイクル海洋プラスチック
バンド素材:ポリウレタン
カラー:オールブラック、グレー(トップ写真)、ダークスレート、ブラック×レッド
価格:各2万7500円

問い合わせ先/ニクソンジャパン カスタマーサービス ☎ 03-6812-9765
https://www.nixon.com/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ