アーバンリサーチ

キャンプでの快眠ギア

《キャンプでの快眠、諦めてない?》
猛者でさえ、キャンプ場での快眠は容易ではないけれど、諦めることなかれ。進化する睡眠ギアから新三種の神器をセレクトしました! もちろん、バラ使いでもお試しあれ。

1.エアマット内蔵で腰痛GOOD-BYE

DOD ディーオーディーのハンペンインザスカイ

DOD[ディーオーディー]
ハンペンインザスカイ

腰痛改善によいと評判のエアベッドは、家の中だけの話にあらず。エアマット内蔵のコットは包み込まれるような寝心地を実現♪ 

ハンドポンプ式で空気入れがないと使えないなんてこともない! 忘れ物の多いのび太くん的な人でも雲の上のような安眠を得られる秘密道具的逸品だ。5.9kg。W190×H39×D78cm。W44×H22×D25cm(収納時)。2万1000円(DOD)
 

脚の高さを調節できベンチ使いにも!

DOD ディーオーディーのハンペンインザスカイ

2.夏は涼しくて冬はあったかい♪ 2in1シュラフ!

Snugpak スナグパックのベースキャンプ スリープシステム

Snugpak[スナグパック]
ベースキャンプ スリープシステム

夏用か冬用かで悩まされる寝袋も、レイヤーシステム採用シュラフなら一発OK! 夏は分けて2人用として、アウターとインナーレイヤーをジップで連結させると冬は暖かい。

インナーレイヤーは開けば掛布団にも♪ 英国軍に納入しているブランドらしいミリタリー顔もイイし価格もスゴイ。3.1kg。W160×H220cm。W50×H30cm(収納時)。1万5180円(ビッグウィング)
 

2個イチでも超コンパクト

Snugpak スナグパックのベースキャンプ スリープシステム

3.枕&全チェア対応!? のどこでもソファクッション

CANCAN カンカンのカンカンクッション

CANCAN[カンカン]
カンカンクッション

荷物を最小限にしたい欲張りな人にオススメなのが、この世界最小!?のインフレータブル型クッション。赤いストローで空気を出し入れできて、調整次第で枕使いも可能。

上のように手持ちのチェアに装着すれば、クッション並みの座り心地を実現。ヴィンテージのミリタリーファブリックを使っている骨太な一面もソソる~。W42×H42cm。6800円(SARUCO)
 

空気を抜けばめっちゃ省スペース

CANCAN カンカンのカンカンクッション
 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「アウトドア技&豆知識」の最新記事

キャンプ場は寝床こそ重要だ! キャンプでの快眠ギア新三種の神器をセレクト

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ