シップス×Begin

タイメックスの今買える名作

タイメックスの歴史をさかのぼるとどんだけ~!?な数の“T”兄弟が! ここでは「過去の名作」&「今買える名作」の系譜を、ジャンルごとに解説します♡

ミリタリー&アウトドアの系譜

ミリタリー&アウトドアの系譜図

タイメックス“はじまりの時計”
ヤンキー(1895年~1910年代)

TIMEX タイメックスのヤンキー

ブランド躍進の端緒を拓いた時計が、1ドルの値段で懐中時計を庶民に普及させた「ヤンキー」(1895年)だった。作家マーク・トウェインはこれを2個買いしたなんて記録も! 左はその軍用モデル(1910年代)。

べトナム戦争で活躍した軍用
手巻き式 ディスポーザブル ウォッチ(1980年代)

TIMEX タイメックスの手巻き式 ディスポーザブル ウォッチ

ディスポーザブルとは使い捨ての意味。ベトナム戦争時に米軍の要請で開発されたこの時計は、タフ&安価な樹脂ケースを纏っていた。

チビミリブームの立役者!
キャンパー(1990年)

TIMEX タイメックスのキャンパー

ディスポーザブルウォッチを基に、’80年代に商品化されたキャンパー。写真は第2世代モデルで、丸っこいケースフォルムやセパレートベルトを特徴とする。

ウィークエンダー(2011年代)

TIMEX タイメックスのウィークエンダー

>>>詳しくはこちら

まさかのドレス進化で新風を巻き起こした
フェアフィールド(2016年)

TIMEX タイメックスのフェアフィールド

ジョルジオ・ガリ氏の洗練デザインが炸裂。よりドレッシーな顔立ちとなっウィークエンダーの亜流シリーズだ。真鍮ケース。径37mm。1万5000円。

オリジナルキャンパー(2015年)

TIMEX タイメックスのオリジナルキャンパー

>>>詳しくはこちら

SSキャンパー(2017年)

TIMEX タイメックスのSSキャンパー

>>>詳しくはこちら

サファリ(1988年)

TIMEX タイメックスのサファリ

>>>詳しくはこちら

アウトドアシリーズの起源的存在
エクスペディション(1991年)

TIMEX タイメックスのエクスペディション

フィールドに求められるタフネス&景観に馴染む野性味を備えた時計が、後にアウトドアシリーズとして定番化する。

2019年〜 じつは今、アウトドアTIMEXが豊作なんです!

カトマイコンボ(2019年)

TIMEX タイメックスのカトマイコンボ

今ではレアとなった“デジアナ”仕様のこちらもレジンケース。径40mm。1万円。

アカディアソーラー(2020年)

TIMEX タイメックスのアカディアソーラー

キャンパーのDNAを感じさせる、レジンケースのタフな一本。光源下にて約5時間でフル充電、60日ほど充電なしで動く。径40mm。9500円。

シンプルドレッシーの系譜

シンプルドレッシーの系譜図

マーリン(1950年代)

TIMEX タイメックスのマーリン

>>>詳しくはこちら

イージーリーダー(1977年)

TIMEX タイメックスのイージーリーダー

>>>詳しくはこちら

定番3針モデルをちょっと変え
モダン イージーリーダー(2012年)

TIMEX タイメックスのモダン イージーリーダー

視認性を追求した3針「イージーリーダー」の系譜を汲む一本。大ぶりな径や配色にパンチ力あり。真鍮ケース。径42mm。1万1000円。

2017年〜 ドレッシーなモデルも増加中!

サウスビュー(2017年)

TIMEX タイメックスのサウスビュー

タイメックスでは激レアなローマンインデックスを纏った知的な3針。真鍮ケース。径41mm。1万2000円。

メンズコア(2018年)

TIMEX タイメックスのメンズコア

径42mmの大ぶりなケースに、視認性◎のアラビアインデックスを備えたU-1万円作。真鍮ケース。9500円。

ダイバーズスタイルの系譜

ダイバーズスタイルの系譜図

過去、破格の値段でダイバーズも存在
スキンダイバー(1968年)

TIMEX タイメックスのスキンダイバー

60年代に入ると、ダイバーズウォッチの開発が本格的に。こちらは24ドル95セントという超破格の値段で大人気を博した伝説モデルだ。

Q タイメックス(1979年)

TIMEX タイメックスのQ タイメックス

>>>詳しくはこちら

元はイタリア企画の新鋭ダイバーズ
ネイビー XL(2019年)

TIMEX タイメックスのネイビー XL

欧州の人気セレクトショップで売れまくったモデルをベースとする、ダイバーズ顔の新鋭。10気圧防水。SSケース。径41mm。1万6000円。

デジタルの系譜

デジタルの系譜図

アトランティス(1984~’85年)

TIMEX タイメックスのアトランティス

>>>詳しくはこちら

米国のスケーターに愛される、通称「角デジ」
クラシックデジタル(1990年)

TIMEX タイメックスのクラシックデジタル

スケボーやヒップホップといったカルチャーシーンで鉄板人気を誇る、レトロフューチャー顔の名作。レジンケース。幅34mm。8000円。

アイアンマン(1986年)

TIMEX タイメックスのアイアンマン

>>>詳しくはこちら

2018年〜 廃番“初代鉄人”の後釜を虎視眈々と

アイアンマン エッセンシャル 10ラップ(2018年)

TIMEX タイメックスのアイアンマン エッセンシャル 10ラップ

カドマルの優しいフォルムが新鮮なるも、初代の匂いも濃厚な純血種。レジンケース。幅40mm。8500円

コマンドアーバン(2019年)

TIMEX タイメックスのコマンドアーバン

機構も見た目もタフ!な人気モデルをモダンアレンジ。都会顔を獲得した注目作。レジンケース。幅47mm。1万5000円。

 
※表示価格は税抜き
※価格表記のない時計はすべて廃番です。


[ビギン2021年4月号の記事を再構成]写真/谷口岳史 文/秦 大輔

特集・連載「タイメックスがワンダフルな理由」の最新記事

圧倒的な“T”兄弟! タイメックスの過去の名作&今買える名作の系譜

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ