string(38) "https://www.e-begin.jp/article/363839/"
int(1)
int(1)
  

BoleeGa プロジェクト ボレーガ フルオーダージーンズ

デニム生産量日本一の地で、とことんコダワったジーンズを我がモノに

ジーンズ1本の値段が100万円と聞いたら「何の冗談?」って思いますよね? でもコレ、ホントの話なんです。

広島県東部備後地域の福山市は重工業とともに、繊維産業が盛んな町。江戸時代には綿の栽培や製織、染色などの産業が栄え、日本三大絣(かすり)のひとつである備後絣(びんごがすり)を生み出しています(あとの2つは福岡県の久留米絣と愛媛県の伊予絣)。やがて厚手生地の織布技術や藍染めなどの技術も培われ、これが戦後、日本屈指のデニムの産地へと発展する下地になりました。

さて、来たる2021年3月31日、同市のプロジェクト ボレーガによるフルオーダージーンズのプロジェクトがスタート。その値段が1本100万円なんですね。

で、それがどんなオーダーシステムかというと、注文者が原材料や生地、染色法、縫製、ボタンやリベットなどの副資材などを選べるほか、製織、染色、パターン作成、裁断、縫製、副資材の製作など1本のジーンズが完成するまでのほぼ全工程を間近で見ることができ、場合によっては製作に参加も可能というものなのです。要はプライベートファクトリーツアーが、この値段に組み込まれているワケ。しかも、そうした素材や技術の調達は地元である福山市からというのが基本となっており、販売代金を職人たちに還元し、余剰資材を地元のデニムスクールに提供するなど地場産業を盛り上げるための一助にもするそうです。

じつは大小さまざまな産業が集積している同地域ゆえ、このオーダージーンズの製作での選択肢は無限大。たとえば鉄工所に依頼して、自分だけのボタンやリベットを作ってもらうなど、通常のデニム作りにはかかわりのない異業種とのコラボも可能なのです。

一流の職人たちや世界屈指の技術力を誇る企業などの協力を得て、世界で唯一にして“自分のためだけのジーンズ”が我がモノになる超贅沢にして至福の、このプロジェクト。さらに、参加した人だけが体験できるサプライズが多数用意されていたり、出来上がったジーンズに生涯保証が付いて、何度でもメンテナンスや染め直しが可能に! と、至れり尽くせり&てんこ盛りなこれらの内容を知れば、誰もが「100万円なんて全然高くない!」と思えてくるハズ?

フルオーダージーンズ 生地 篠原テキスタイル社

ウッドチップが原料のテンセル生地(栽培・加工などの面で綿花よりも環境にやさしい)やペットボトルリサイクル布、端材のリサイクルデニム生地など、地元の篠原テキスタイル社が生産する1000種類以上もの生地をはじめ、金襴(きんらん:金糸を用いた文様の織物)や真田紐(さなだひも)といった希少な生地・部材も選択が可能

フルオーダージーンズ 染色 藤井建太氏

生地の染色では、デニム染色における世界トップの企業であり、高い技術力を持つ坂本デニム社(福山市)や、栽培から製品作りまでの一貫生産を手掛け、伝統的な天然灰汁発酵建てを継承している藍師の藤井建太氏(写真上)などに依頼することができる。

フルオーダージーンズ 縫製 ミルクリエイト社

多くのアパレルメーカー&ブランドが商品開発の際、試作品の作成を依頼するサンプル製作会社のミルクリエイト社(写真上)も福山市の企業。試作にはとりわけ高い技術力が求められるが、今回のプロジェクトでは特別に同社が縫製担当する。

プロジェクト ボレーガの
フルオーダージーンズ

申し込み方法:Web(下記URLより)
受け付け開始日:2021年3月31日
価格:110万円~ ※標準的な仕様の場合。素材やパーツの選択によって変動あり。

問い合わせ先/プロジェクト ボレーガ
https://www.boleega.com/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ