自分の体型・好みに合ったシャツを超高いコスパでオーダーできる、麻布テーラーの「パターンオーダーシャツフェア」。上質な国産コットン100%の生地を色柄豊富に取り揃え、2枚単位で「自分だけの理想のシャツがオーダーできる」と、ファンの間では毎シーズンの恒例行事となっているそうなんです。聞けば、およそ1ヵ月半の期間内での販売点数は2万点! さらに、今回から新たにインポート生地とリンクルフリー(形態安定)生地を加えてパワーアップしているのだとか。「マジ!? どゆこと!?」と、錯乱状態に陥った編集サトミが「オーダーシャツフェア、ナンボのもんじゃい!」ということで、実際に自分でシャツを作ってみた次第です。

編集部サトミがMYシャツを初オーダー!

1979年生まれ。40歳を越えてなおスーツに慣れないコドモおじさん。今回は2年後に訪れる娘の卒園式、その前にあるかもしれない友人Aの結婚式に備え、勝負シャツの購入を決意。

オーダーの流れ

コチラが完成形!

ジャジャーン。ってことで、およそ60日後に完成(※2着のうちの1着)。感動のご対面であり、控えめに言って最高の瞬間です。思わず「やっと会えたね」(©辻仁成)と口からこぼれたとかこぼれてないとか。

細く描かれたストライプが約1cm間隔で配されます。無地だと味気ないけど、柄が強いとネクタイの選択がシビアになるので、どんな柄のタイにも合うささやかな控えめストライプをチョイスしました。でもって絶妙に「普通……でもないね」くらいのバランスをキープするため、首元はタブカラーに。ネクタイをすると気付かれにくいディテールですが、これくらいの奥ゆかしさがちょうどいいんです。

ちなみに、見えていませんが腹部には名前のアルファベット頭文字をオン。これまた着ちゃえば気付かれないディテールですが、「そこがいいんじゃない!」と声を大にして言いたいですね。控えめなお洒落の追求こそ、持たざる者(=モテない者)の使命。カッコつけるなら、あくまで品よく。自己満足にして大満足!です。同じ生地には巡り合えないかもしれませんが、きっと誰もが自分だけのお気に入りを手に入れることができますよ♪

初めてのシャツオーダーを終えて

「神は細部に宿る」という言葉がありますが、ディテールを詰める際の没入感がとても楽しかったです。それから採寸時の高揚感、そして60日後=完成時の恍惚感。さらに、着用時はいつもその過程を思い出し、毎度得られるであろう満足感。いっぺんヤッたらやめられない、健全な中毒性がシャツオーダーにはあるんだな~、ということがよくわかりました。皆さんもぜひヤッてみてはいかがでしょうか。


麻布テーラー「パターンオーダーシャツフェア」

【公式サイト】
http://www.azabutailor.com/special/ordershirt-fair202012/

【期間】
2021年1月27日(水)まで

【価格】
2枚セットで1万6000円~(※組み合わせ自由)
レギュラー生地8000円・リンクルフリー生地1万円・インポート生地1万2000円
※すべて税抜き表示

【開催店舗】
麻布テーラー全店

【納期】
約60日(※受注状況により変動あり)

【問い合わせ先】
Y&Mプレスルーム ☎03-3401-5788

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ