イッセイ ミヤケ ウオッチのROKU

セイコーとイッセイミヤケとの協業によって、2001年よりスタートしたイッセイ ミヤケ ウオッチ プロジェクト。毎回、世界で活躍するプロダクトデザイナーが抜擢され、新しい価値を持つ腕時計が誕生する、そんな注目のコラボレーションも記念すべき20回目を迎えました。

イッセイミヤケ ウォッチのROKU
ケースは滑らかな面で構成され、一見すると工業的で力強い。真正面とは異なる繊細なサイドビューが印象的。

今回のプロジェクトに参加したのは、ドイツ人デザイナーのコンスタンティン・グルチッチ氏。名前に覚えがなくても、2001年に発表されコンパッソ・ドーロ賞を受賞したフロスの多目的ライト、メイデイを手掛けたデザイナーといえばピンと来る人もいるんじゃないでしょうか。

イッセイミヤケ ウォッチのROKUのボックス
六角形を基調としたシンプルなボックスが付属する。

さてROKUと名付けられた新作は、六角形と円の2つを組み合わせることで生まれたデザインが特徴。ハニカムや雪の結晶など、自然界に存在する力強い形として六角形が採用されたとのことですが、シンプルなインデックスや精緻な目盛りを合わせることでインダストリアルな美しさをアピール。前述のメイデイだって、まるで工事現場で使われるようなデザインをあえて採用しているってところが魅力になっていますしね。

ストラップはヌメ革とメッシュベルトの2タイプあり、どちらも繊細な印象が工業製品的な雰囲気を和らげるのに貢献。無骨なイメージになりがちな六角形を円と調和させることで、洗練されたデザインへイメチェンさせているのがさすがです。W41.7×H39.7mm。クォーツ。3万2000円~3万7000円。

(問)セイコーウオッチ お客様相談室
☎ 0120-181-671
https://www.isseymiyake-watch.com/
 
※表示価格は税抜き


文/トライアウト

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ