ショートパンツ エブリデイの九州メイド ボードショーツ 久留米絣

宮崎発のショートパンツ エブリデイが作った地元愛あふれる新作

膝を出すことで生まれる開放感を謳って「ショートパンツから始まるライフスタイル」を提唱する九州・宮崎発のジャパンメイドブランド、ショートパンツ エブリデイ(Short pants every day/略称SPED)が、九州伝統の久留米絣(くるめかすり、くるめがすり)を使ったショートパンツをリリースしました。

絣(かすり)とは、あらかじめ染め分けられた糸で製織された、かす(擦)れ小紋の織物のことで、久留米絣は、福岡県南部の筑後地方一帯で生産されている絣を指します。江戸時代に創始され、久留米藩が地場産業として奨励。現在では、重要無形文化財にも指定されています。

地元である九州にフォーカスして地場の素材や技術を取り入れたり、同地を拠点に活動、あるいは同地とつながりのあるアーティストらと協業するプロジェクト「九州メイド(KYUSHU MADE)」を展開しているSPEDが今回、製作したのが、久留米絣を使った、このボードショーツです。表身頃のライン風、および後ポケットに使用されている格子柄の久留米絣は、創業が明治31(1898)年と、120余年もの歴史を持つ、福岡県八女郡広川町の野村織物が製作した上質な生地。縫製は宮崎県都城市にて、ソーイング麿(まろ)の職人が担当しました。

ちなみに、裏地に吸湿速乾機能のある「クールマックスメッシュ」を採用しているので、濡れたり、汗をかいてもすぐに乾いて快適。街履きにはもちろん、水に入ることが可能ゆえ、サーフィンなどのビーチアクティビティでの着用にも対応します。

和の文化が見直されている昨今、久留米絣もネクタイやスニーカー、バッグなどさまざまな製品に採用されるようになってきましたが、コレもそうした製品のひとつ。しかも、そんな“和”をさりげなく、かつ小粋に取り入れているのが本品の一番の魅力といえるでしょう。ということで、九州を愛する人にはもちろん、日本の伝統を大切に思う人にもぜひ穿いて欲しいと思います!

ショートパンツ エブリデイの九州メイド ボードショーツ 久留米絣

コチラはトップ写真と同じ「ボードショーツ 久留米絣」で、色違いのチャコール×グレー・タイプ。前身頃のラインのみならず、後ポケットにも久留米絣を取り入れて、後ろ姿の粋なアクセントに!

ショートパンツ エブリデイの久留米絣 ランダムシャツ

ショートパンツのほかに半袖シャツも展開中。ゆったりとしたシルエット&オープンカラーが涼しげな「久留米絣 ランダムシャツ」は、高密度織りコットン100%の光沢調生地「ベンタイル」と、左右交互に配置された久留米絣の自然な風合いとのバランスが楽しめる1着。写真はネイビー×パープル。ブラック×グリーンもあり。1万7000円。

ショートパンツ エブリデイの
「九州メイド ボードショーツ 久留米絣」

素材:表地ポリエステル65%×コットン35% ※久留米絣はコットン100% 裏地ポリエステル100%(クールマックスメッシュ)
カラー:ブラック×パープル(トップ写真)、チャコール×グレー
ウエストサイズ:3サイズ(74-84cm、78-88cm、82-92cm)
価格:各1万7000円

問い合わせ先/ワゴン ☎ 0985-20-4040
shortpantseveryday.com
 
※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ