Begin wook vol3 配信

最もカッコいいスーツの装いはつまるところ、誰からもきちんと見える装い。先人たちが導き出した5つの絶対値を覚えれば、それはたやすく手に入ります!!

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

型を知ってこそ応用も利く

様式美が確立されたスーツの世界では、正しく装うことが何よりも先んじて求められます。もし流行だからといってオーバーサイズのスーツを着れば、それだけでアウト。ヌケ感を出すどころか本物のマヌケに見えてしまいますからね!

逆をいえば、先人が2世紀近くの時間をかけて研ぎ澄ませ、導き出したベストバランスを押さえることで、スーツは誰でも格好よく装える。というわけで、まずは上に挙げた“5つ”の絶対値=黄金比を暗記するところから始めましょう!!

(上写真)3B段返りスーツ8万4000円。(シップス 渋谷店)ユナイテッドアローズのシャツ1万4000円。(ユナイテッドアローズ原宿本店)フェアファクスのタイ1万1000円、同チーフ4000円。(フェアファクスコレクティブ)バーウィック×ユニバーサルランゲージのシューズ3万2000円。(ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

[1]ラペル幅:8.5cm!!

スーツスタイルの“5つ”の絶対値 ラペル幅

スーツの顔であるラペルの幅は、流行に影響されやすいが、標準はずばり8.5cm。この絶対値であれば、いつの時代もどこでも通用する。

[2]カフの見え幅:1.5cm!!

スーツスタイルの“5つ”の絶対値 カフの見え幅

ジャケットの袖口から覗くシャツのカフ幅は、広くても狭くても見映えが悪くなる。ずばり、1.5cm覗くのがベストだと心得ておこう。

[3]胸の空き幅:3cm!!

スーツスタイルの“5つ”の絶対値 胸の空き幅

ジャケットと胸の間は、約3cm空いているのが理想。手のひらの厚みがちょうどそのくらいなので、スッと入る空き具合を意識しよう。

[4]ダブルの裾幅:4.5cm!!

スーツスタイルの“5つ”の絶対値 ダブルの裾幅

ダブルに裾上げすると裾に重みが出るため、パンツのラインが綺麗に出る効果も。折り返しは4.5cm幅がバランス◎。4~5cmが許容値。

[5]ジャケットの裾は尻が隠れるくらい

スーツスタイルの“5つ”の絶対値 ジャケットの裾

カジュアルなジャケットにはお尻が覗く丈感のものもあるが、ビジネスの場にそぐわないうえ、昨今の気分でもない。尻部覗き量は0が正解。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年5月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「スーツスタイルの超基本」の最新記事

スーツで一生ダラしなく見えないための“5つ”の絶対値を暗記しよう

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ