コンバース

BEGG & CO[ベグ アンド コー]マフラー Missoni[ミッソーニ]スカーフ JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]ストール

まず考えるべきはアウターの首周りとの相性。衿の立ち具合やボリュームと巻きもののボリューム、双方を反比例させるように調整するのがベストバランスです。

ノーカラーには特盛り

BEGG & CO[ベグ アンド コー]マフラー

カーディガンタイプなど首元がスッキリしたアウターには、ボリュームたっぷりの巻きものを添えるのが◎。マフラーをぐるっと二重に巻けば完成。

BEGG & CO[ベグ アンド コー]マフラー

BEGG & CO[ベグ アンド コー]

ゆったり巻くと自然なボリュームに。ベグ アンド コーのマフラー2万9000円(ボーダレス) ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのカーディガン3万1000円(ナナミカ 代官山) アンドレア フェンツィのニット2万9000円。(コロネット)

スタンドカラーには小盛り

Missoni[ミッソーニ]スカーフ

スタンドカラーのアウターは、その“衿の立ち”を生かすのが鍵。衿の間のVゾーンに小ぶりのスカーフをアクセントに差せば、スマート見えは必至!

Missoni[ミッソーニ]スカーフ

Missoni[ミッソーニ]

ヘリンボーンのような幾何学模様が、アクセントに最適なミッソーニのスカーフ3万2000円(エディフィス 新宿) ナナミカのブルゾン3万8000円(ナナミカ 東京) マニュアルアルファベットのシャツ1万3000円。(エムケースクエア)

フーデッドには中盛り

JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]ストール

首周りに程よくボリュームのあるフーデッドタイプは、中肉の巻きものを合わせるとバランス良好。フードの内側にコンパクトに巻くのがポイント。

JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]ストール

JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]

ジョン スメドレーのストール1万8000円(リーミルズ エージェンシー) ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのダウン5万8000円(ナナミカ代官山) オリバー・スペンサーのニット3万7000円。(ヴァルカナイズ・ロンドン)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年2月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「冬の首元・虎の巻」の最新記事

【衿タイプ別】アウター×巻きものあわせ技の極意「プラマイ盛り技」

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ