Ray-Ban レイバン

Ray-Ban[レイバン]
アビエーター ティアドロップ

1937年にアメリカ空軍のパイロットたちのためにデザインされ、制式採用されるに至った傑作中の傑作サングラス。2万1000円。(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

浜田省吾がデビュー時から愛用

ハマショーを孤高のシンガーたらしめている理由。それはただでさえメディア露出が少ないのに、どんなシーンでもサングラスを掛けているから! コアなファンですら、その素顔を拝んだことがないって人も少なくないはず。

ボブ・ディラン好きだったからとか、単にシャイだったからとか、理由は諸説あるんですが、確かなのはデビュー時にこの傑作を愛用してから、カリスマのサングラススタイルが確立されていったってこと。ティアドロップ姿で歌うなんて、セクシーすぎでしょ。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ