wook vol.7

腕に装着してる間も、機械のラブリーな動きを愛でちゃいましょう

仏領コルシカ島(ナポレオンの生誕地!)から東に、また、伊領トスカーナ群島のエルバ島(こっちはナポレオンの追放地!)からは南に位置するモンテクリスト島は、デュマの小説『モンテ・クリスト伯』(日本では『巌窟王』として知られています)の舞台にもなったティレニア海の火山島です。

古代から続く長い歴史を誇り、絵画のように美しい自然を有するこの小島の名を冠した、その名も「モンテクリスト」は、ロックマン(上記のエルバ島にて1986年創業)が2009年から展開している人気のコレクション。フラットクリスタルガラスに覆われ、3本のラグを備えた独特かつ力強いデザインが、このコレクションの特徴です。

同コレクションの初号機発売から10周年を迎えた2019年、より大胆&ユニークなバージョンが誕生しました。「モンテクリスト スケルトン」の名のとおり、その新作はシースルー仕様。しかも、前からでも後ろからでも、美しく仕上げられたムーブメントが時を刻む様を目の当たりにできるフルスケルトンモデルです! 

フルスケルトンって文字盤越しに内部のメカが見えるがゆえに濃い顔つきになり、その分、視認性がイマイチだったりします。が、本作はインデックスや針などのデザインに工夫を凝らすことで、クイックな時間の読み取りを可能にした実用モデルなのです。また、同コレクションの既存モデルに比してさらにケースを薄くしたうえで、ケース側面に大胆な堀状の窪みを設けて軽量化を実現した点にも注目です。

世にシースルーバックの時計はあまたありますが、「腕に着けているときも見つめていたい!」ってな向きには、やはりフルスケルトンは魅力的。で、時間はしっかり読み取れるし、価格もお手頃とくれば、これはフルスケルトンのエントリーとしてうってつけ! 時計好きならぜひ狙ってみるべき! 

もちろんケースバックもシースルー。ちなみに、このムーブメントはS.I.O.(イタリア時計学校)とDepa Swissがチューニングしたもので、60~72時間パワーリザーブを備えている。
ロックマンの
モンテクリスト スケルトン Ref.538

駆動方式:自動巻き(スイス製ムーブメント)
防水性能:100m防水
ケース径:42mm
ケース素材:ステンレススチール&チタン
ストラップ素材:写真左&中央/シリコン、写真右/レザー
カラー:ライムグリーン(ストラップカラーグレー)、ブルー、ブラック
価格:シリコンストラップモデル各19万8000円、レザーストラップモデル21万円、ブレスモデル22万8000円

問い合わせ先/ロックマン ジャパン TEL.03-6264-5552
https://www.locman.jp

※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ