ビギン読者にお馴染みの人気ブランドから発掘した、意外な“語りドコロ”をご紹介。今回は雨靴の代名詞、ハンターを深堀り! 定番から新作にまで息づくクラフツマンシップとは?

じつは"英国軍御用達"でもあった!?

〝 英国王室御用達〞として有名なラバーブーツブランド「ハンター」。近年、そのファッション性の高さにも注目が集まり、グローバルに新たなファンが急増中。今や世界43か国で毎年300万足以上も売れているんだとか。優れた実用性を持つファッションアイテムとして確固たる地位を築いたハンターのブーツですが、そのオリジンが〝英国軍御用達〞だったことを知る人はそう多くはいないはず。


米国出身の実業家、ヘンリー・リー・ノリス氏は、天然ゴムの研究が盛んだった英国に渡り、1856年にハンターの前身となるラバー製品会社を設立。タイヤなどを主に製造していましたが、第一次世界大戦時の英国陸軍省より、ぬかるんだ地でも使える頑丈なラバーブーツの開発を依頼されてからブーツの需要は一気に拡大。なんとその供給数は118万足以上!

王室から戦場まで
愛され続ける
強く優しきラバーブーツ

        

その後、丈夫な靴底と履きやすさが一般労働者の間でも人気を集め、第二次世界大戦終戦頃にはレインブーツとして広く浸透したそう。その厳しい環境下にも耐えうる屈強さは、後のオリジナル・ブーツシリーズにも受け継がれ、今日のハンターの飛躍を支える礎となっています。

創業時より一貫して天然ラバー素材にこだわり、ラバーの調合、製造から自社工場内で行う。最大28のパーツにカッティングしたラバーを、人体の形状に基づいた木型に沿って職人が手作業で組み上げ、圧着。それにより、どんな足にも優しくフィットする快適ブーツが生まれます。

「こんなの欲しかった!!」雨の日に役立つ便利グッズ

英国軍お墨付きのサイドゴア

もっとも代表的なモデル。ぽってりとしたフォルムと長すぎない丈感で、どんなパンツとも好相性なのが人気のゆえん。履き口のサイドゴア部分の裏面までラバーパーツを配置することで、高い防水性を実現しているのにも、老舗のフィロソフィが感じられますよね。インソールは取り外して洗うことも可能で、気になるニオイ問題も余裕でクリア。と、英国御用達なのも頷けますが、じつはブリティッシュアーミーも御用達なのはご存知でした?その質実剛健でタフな作りに、英国軍も厚い信頼を置いてたってわけ。雨の日だってお洒落を我慢したくないからこそ、足元はこんな語れる一足でまとめたいですよね。

HUNTER | ハンター

MENS ORIGINAL CHELSEA

16,200円

詳しくはこちら

レザーローファーに見間違う!?

雨の日、カジュアルな長靴が許されないシーンも当然ありますよね。そんな時にうれしいのが、ハンターのペニーローファーです。ぱっと見はレザーのローファー風なのに素材はラバー。ソールもラバーだから、塗れた路面でも滑りにくいですよ。雨の日のスラックスなどのキレイ目パンツにばっちりハマります。

HUNTER | ハンター

MENS REFINED PENNY LOAFER

16,200円

詳しくはこちら

バッグに忍ばせておきたいオシャレな傘

ハンターといえばレインブーツ?もちろんそれもありますが、オシャレで機能的な傘もあるんです! 持ち手部分は発色のいい赤色に加え、よく見ると、『HUNTER』のロゴが施されています。軽量で頑丈なスチール製のシャフトに加え、雨を弾き、染みができにくく、速乾性にも優れているポリエステルと、細部にまでこだわった仕様になっています。そしてなんといっても最大の特徴は、ワンプッシュで自動で開閉してくれるところです。折り畳み傘でこの機能はやっぱりありがたい! 雨の日のオシャレに差が出る逸品です。
この他、雨の日もオシャレを楽しむハンターはこちらから

特集・連載「ブランド語り処」の最新記事

レザーローファーと見間違う!? ビジネスマンの足元にハマる雨靴【ブランド語り処】

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ