アーバンリサーチ

「いざ」という際にも役立つにグッときたアイテム

アウトドアで必需なのはもちろん
「いざ」という際にも役立つ

キャンプ用品の多くは災害時の備えとして応用可能。ここではとりわけ必需と思われるアイテムを厳選。普段からこれらをまとめて非常時用のザックに入れておけば、いざってときに安心です。

 

お家の防災バッグと共有するだけで安心感がUP~♪

お家の防災バッグと共有するだけ

GREGORY[グレゴリー]
キャンピングマット

グレゴリー キャンピングマット
1枚 約250g

テントの下に敷くグラウンドシートや荷物の置き場として活躍するマット。こういうのが一枚あると緊急時に地面の冷気や湿気を遮断するのにも重宝する。収納用のメッシュバッグ付き。使用時W100×H140cm。各7000円(グレゴリー/サムソナイト・ジャパン)

BLACK DIAMOND[ブラック ダイヤモンド]
ウィズ

ブラックダイヤモンド ウィズ
1つ 約65g(電池込み)

白色灯に加えてレインボーカラーの照明も楽しめるポップなヘッドランプ。本来キッズ用だが、小型・軽量なため非常時の備えとして普段使いの鞄に潜ませておいてもいい。上下逆さまでも使えるほか、防水・防塵性も高く、実力も侮れません。各2200円(ロストアロー)

BioLite[バイオライト]
パワーライト(左)、ソーラーパネル5PLUS(右)

バイオライト パワーライト ソーラーパネル5PLUS
210g(左)、390g(右)

左/携帯バッテリー兼ライト。右とセットで揃えれば万全だ。7000円。右/内蔵の“日時計”に合わせて角度調節することで効率よく発電する、本体蓄電型のソーラーパネル。USB経由でモバイル機器に充電可能。8900円。(モンベル・カスタマー・サービス)

GRIP SWANY[グリップ スワニー]
G-1

グリップスワニー G-1
約180g

言わずと知れたアウトドア用グローブの名作。使うほどに手に馴染んでいくクロームなめしの極厚ステアハイドをハイテクケブラー繊維で縫製しており、テント設営はもちろんBBQや焚き火の際にも心強い。男なら必ず備えておくべき手袋だ。7000円(スワニー販売)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「アウトドアはじめる!! パーフェクトBOOK」の最新記事

「いざ」という際にも役立つアウトドア便利モノ4選

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ