array(35) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(34) "/article/53186/?from_feature=60911"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "0SNTVylcdhu0sw9z7zdeLWfJyXLl847boIs1TtCleI4fu-ZhjMzTzQ=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 443f1433224715dbc774145b9ac2efe4.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(14) "54.146.206.127"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.87"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "51958"
  ["REDIRECT_QUERY_STRING"]=>
  string(18) "from_feature=60911"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/53186/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(18) "from_feature=60911"
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1548043591"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
もう試した? ニューヨーカーが行列をなす、ブルックリンの地ビール|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ブルックリンの地ビール イメージ

米国のクラフトビールブームを牽引した、ブルックリンの地ビール

19世紀末には約50ものブルワリーがあったブルックリン。20世紀に衰退したわけですが、1988年、「伝統的な手法による本物の味を蘇らせたい」と発起したのが新聞記者のS・ヒンディと銀行員のT・ポッター。

当時2人は高価なモルトを使用し、醸造に通常の2倍もの時間をかける19世紀の製法に磨きをかけ「ブルックリン ラガー」を開発。


ニューヨークにあるブルックリン・ブルワリー

ホップの香り際立つラガーは瞬く間に広まり、クラフトビールブームのパイオニアに。今もブルワリー開放デーには行列ができるほど人気のブルックリンの地ビール、実は日本でも買えるので、ビール党は是非!

 

ブルックリンラガー 瓶画像

ブルックリンラガー 瓶

琥珀色で麦芽の苦みとホップの華やかな香りが際立ち、フィニッシュにはカラメル麦芽の風味も。味わい深く、爽やかかつ滑らかな口当たりが特徴。330ml。実勢価格360円前後(キリンビールお客様相談室)

 

個性豊かなメンバーで、新しいオールドスタイルを作り出してるんだ

スティーブ・ヒンディさん写真
創業者
スティーブ・ヒンディさん

 

ギャレット・オリバーさん写真
ブリューマスター
ギャレット・オリバーさん

もとは自宅でビール製造を始めたヒンディ氏と、ビールの歴史と醸造の豊富な知識を持つオリバー氏。ブルックリンらしく社員の国籍は23か国、シェフやミュージシャン、科学者も在籍している。
 

ブルックリンラガーブルワリー画像2
ブルックリン・ブルワリーの工場

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「BORN IN U.S.A CATALOG 2018」の最新記事

もう試した? ニューヨーカーが行列をなす、ブルックリンの地ビール

facebook facebook WEAR_ロゴ