wook vol.11

シャークのエボパワー W20/W30

今年の夏、アメリカの掃除機トップブランド、シャークがコードレススティック掃除機を引っ提げて日本へ初上陸。業界に大激震が走ったのですが、その理由は同社の日本法人であるシャークニンジャの社長が、ゴードン・トム氏だったから。トム氏を知らない人のために説明しておくと、1990年代にダイソン日本法人の社長を務め、サイクロン式掃除機で日本メーカーの寡占状態だった掃除機の市場を開拓。その後はエレクトロラックス日本法人の社長に就任し、コードレススティック掃除機というジャンルを広めた立役者なのです! つまりは日本のマーケットを知り尽くしているわけで、早くも他社は戦々恐々としているのだとか。

そんなシャークが第2弾として送り込んできたのが、日本市場のために開発されたハンディクリーナーです。コードレススティック掃除機と同等のパワフルなモーターを、全長約42cm、重さ約620gの軽量かつコンパクトなボディに装備。ボディを置くだけで充電できるドックが付属するほか、隙間用ノズルとマルチノズル、布団用ノズルとアタッチメントも充実。さらに、吸引したゴミは手に触れることなくワンタッチで捨てることが可能です。

隙間用ノズル

布団用ノズル

吸引したゴミはワンタッチで捨てることが可能

着脱式のリチウムイオンバッテリーが1個付くW20と2個付くW30の2モデルあり、最長運転時間は前者が約12分、後者が約24分。これまでハンディクリーナーといえば、ゴレンジャーにおけるモモレンジャー的な扱いでしたが、メインの掃除機としても使える高性能ぶりにシャークの本気度が伝わってきます。ゆくゆくはハンディクリーナーが市場の主役に? な~んてこともあるかも。何しろこんなスタイリッシュなデザインなら、どこに置いてもサマになるから掃除がしやすくなり、とっても楽チンです。W5.4×H41.9×D6.1cm。1万6500円(W20)、2万1000円(W30)。

 

(問)シャーク カスタマーサポート
☎0120-522-552
https://www.shark.co.jp/

※表示価格は税抜き

文/トライアウト

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ