タケヤリの特厚シャンブレー帆布 トートM

岡山県の倉敷といえばデニムの聖地ですが、もうひとつの代表的なものが全国生産量の約70%のシェアを占めている帆布。ちなみに倉敷が発祥の地であるマスキングテープは、ハエ取り紙の需要が減ったことから生まれたって知ってました? そんな倉敷で1888年に創業し、帆布を専門に作り続けているのが老舗のタケヤリです。生地メーカーゆえ、表舞台に出てくることはあまりなかったのですが、創業130年を迎える今年は新たな帆布作りにチャレンジ。そして、誕生したのがシャンブレーの帆布によるトートバッグなのです。

 

新しく開発したのは、ヨコ糸にチャコールグレーの糸を織り込み、深みのある色合いを表現した2号帆布。ご存じの通り、帆布はJIS規格によって1号から11号まであり、数字が大きくなるほど薄く柔らかくなるわけですが、すべての号数の帆布を製造しているのはタケヤリだけ。しかも、タテ糸もヨコ糸も7本の10番単糸を撚って織る2号ともなれば高密度な極厚となり、これまたタケヤリにしか織ることができない帆布なのだそう。

トートバッグのデザインは、外側と内側にポケットをひとつずつ備えたシンプルなもの。しかし、内ポケットはパイピング処理されていて、極厚な帆布をきれいに縫製している技術力にも注目してほしいところです。また、タテ糸とヨコ糸のコントラスト効果によって、汚れが目立ちにくいという利点もあり。一見ではそのすごさはわかりにくいものの、使えば使うほどその魅力に惚れ惚れしちゃいます。W37×H32×D15cm。1万5000円。

 

(問)タケヤリ
☎086-485-1111
https://takeyari-tex.com/

※表示価格は税抜き

文/トライアウト

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ