アーバンリサーチ

ビームス プラスの
コーデュロイパンツイメージ

オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どき

ベーシックの旬を知るには? 近道はやはりセレクトオリジナル。そこで人気セレクトの皆さんにオリジナルアイテムを持ち寄ってもらい、今どきの鉄板スタイルを考えてもらったところ、「オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どきカッコイイよね〜」という結論に。

ということで、各セレクトショップのイチオシベーシックを使って“トレンドちょい足し”を実践!

 

ビームス プラス
コーデュロイパンツ

ビームス プラスの
コーデュロイパンツを持つ松下さん

あの2プリーツパンツにコーデュロイが出た!

もともとチノで登場し、新定番となっている大人気の2プリーツトラウザーズ。新たに季節感とトレンド感のある太畝コーデュロイモデルの新色が登場し、争奪戦必至!写真以外にもネイビーやオリーブなど、全6色の豊富なカラバリが揃う。1万5000円(ビームス プラス 原宿)

 

ゆったりコーデのキャップと足元は黒、
ぜひマネしよう!

ビームス プラスの
コーデュロイパンツモデル着用画像

パンツは9分丈のダブル仕上げで、さまざまなシューズと合わせやすい。ビームスのハーフジップニット1万1000円、同カットソー5500円、クラークス オリジナルズ×ビームスのブーツ2万9000円(以上、ビームス 原宿) ビームス プラスの帽子5200円(ビームス プラス 原宿)

 

コーディネートPOINT

松下 圭さん写真
ビームス プレス
松下 圭さん

2プリーツパンツを軸に、全体的にゆったりとしたサイジング。そこに黒のニットキャップ、シューズを合わせることで、コーディネートを引き締めています。

色みを利かせたハーフジップでトレンド感を加えつつ、白のインナーで清潔感と落ち着いた印象をフォローしている点もポイントです。どれも手軽なのでぜひ参考にしてみてください!

 

ビームスが「やられたぁ~」と思った、他社のオススメ名品

ジャーナル スタンダードのコート画像

ジャーナル スタンダードのコート

ジャーナルオリジナルのステンカラーは、シーズンごとにマイナーチェンジを繰り返して人気を博す一品。軽やかなギャバジンに、裏地には同シリーズのシャツと同じチェック地を使用。2万7000円(ジャーナルスタンダード 表参道)
 
高津戸さん、青木さん、シップス 河野さん、松下さん、辻さん写真
各プレス担当者(左から)エディフィス 高津戸さん、ジャーナルスタンダード 青木さん、シップス 河野さん、ビームス 松下さん、ユナイテッドアローズ 辻さん

「UK気分が盛り上がってるし、一着あると何かと役立つステンカラーが気になる。なかでもジャーナルの淡い色みのベージュがいい感じ。パーカやナイロンパンツを合わせたり、スポーティなテイストとも相性がよさそう!」

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ