フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

mono_1601_bb08

ショットのクロムエクセルライダース

米・ホーウィンの「クロムエクセル」といえば、革好き大好物の超エイジング革。おもに靴や革小物に使われる革ですが、なんとこのたび、この革で作られたライダースジャケット発見! しかもライダースの代名詞と謳われる米国名門、ショットの一着なんです!!

で、さっそく着てみると……「うわっ鎧かよ〜」(笑)。もう重くて硬いのなんの。ライダースといえばカウハイドやホースハイドが主流だけど、コイツはオイルたっぷりの革だから、当たり前だけどね。でもその分と言っちゃなんですが、間違いなくエイジングがスゴイ。それもハンパなく変わる。なにせ「クロムエクセル」なんだもん。

ってなワケで、米国の名門2社のコラボが生んだコチラは、エイジングが堪能できるうえ、少量生産ゆえにレア度も最強。バイク乗り仲間からも、洒落者からも一目置かれること確実な、イバれる&勝てる“ホーWinner”なアウターといえるのですっ。

mono_1601_bb08_a
タイトシルエットなのに弱っちく見えません!
アームホールは細めで全体的にスリムだが、着丈は短すぎずの程よい長さの旬なパターン。なので着ると、その印象は超骨太なのに、シルエットがキレイに出るのだ。

 

mono_1601_bb08_b
着倒すほどに光沢&カラダ馴染みUP!
オイルが繊維に深く浸透した革ゆえ、使い始めはマットな風合いだが(上)、エイジングによってツヤ革に! しかも、しなやかになって、さらにカラダに馴染むのだっ。

 

1913年、NYで設立されたショットは、じつはフロントジッパー付きライダースジャケットを創始した偉大な存在。一方、ホーウィンは1905年にシカゴで創業したタンナーで、「クロムエクセル」はコードバンと並ぶ同社の主力レザーだ。本品は、この米国の名門2社のタッグから誕生した少量生産の貴重なジャケットなのだ! 裏地はウール。黒のみ。15万9000円。

(問)ショット イースト
TEL.03-5778-9656
http://schott-nyc.jp/

※表示価格は税抜き

 

〔Begin Best10 January 2016 ランキング一覧〕

  • 1位 無印良品のABS樹脂デスクトップ収納シリーズ
  • 2位 パラブーツ フォー ビューティ&ユースのコードバンミカエル
  • 3位 アルネ・ヤコブセンのバンカーズクロック 120
  • 4位 クロスレイ・レディオのポータブルUSBターンテーブル
  • 5位 ミノトールのヒート MA-1 ジャケット
  • 6位 バンフの防水スエードブーツ
  • 7位 メデューズのレインブーツ
  • 8位 ショットのクロムエクセルライダース
  • 9位 グリーン アンド コーリミテッドのパスト004シリーズ 長財布
  • 10位 マッキントッシュ フィロソフィーの申赤下着 シリーズ
  • Begin Recommend

    facebook facebook WEAR_ロゴ