カジュアルトレンドの後押しも手伝って、すっかり定着したイージーパンツ。そこで今回は、個性豊かな日本ブランドの美脚イージーを、上品カジュアルの代表靴ことパラブーツと合わせて穿き比べてみました。サスガの名品、作り込み具合は全然イージーじゃありません!

 

ハードなはずの軍モノを超快適にアップデート

イエスタデイズトゥモロウのリブドフライトパンツモデル着用画像
モダンな細身でもストレス知らず

イエスタデイズトゥモロウのリブドフライトパンツ

ポケットの配置やダーツ使いなど、ミリタリー由来のディテールを踏襲しつつ、リップストップコットンで軽やかに仕上げた一本。裾のジップの効果で、ブーツからスニーカーまで幅広くマッチするのもポイント。2万1000円(ベンダー)

イエスタデイズトゥモロウのリブドフライトパンツ各部サイズ画像、股上33cm、ワタリ28cm、裾幅15.5cm

 

膝の切り替えで見た目も新鮮に!

イエスタデイズトゥモロウのリブドフライトパンツ部分画像

ミリタリーパンツの仕様を由来とする膝の切り替えが屈曲性を高めてくれるので、すっきり見せつつ、動きやすさもケアされている。

 

YSTRDY’S TMRRW/イエスタデイズトゥモロウ
since:2017 Designer:管野寿哉

急速に支持を拡大している注目株。ノンネイティブのアシスタントデザイナーを経て昨年始動。自身が影響を受けた’90年代後半の古着をルーツに、今着たい服を表現する。

 

見栄えと心地よさを両立したパターンワーク

ホワイトマウンテニアリングのストレッチスリムパンツモデル着用画像
リブありでもラフさと無縁の細身!

ホワイトマウンテニアリングのストレッチスリムパンツ

独特のハリは伸縮性に優れたライクラ® T400TMファイバーとコットンの混紡によるもの。股上は浅めでも腰回りにはゆとりがありストレスフリー。シームのパッカリングでこなれた表情に。2万3000円(ホワイトマウンテニアリング)

ホワイトマウンテニアリングのストレッチスリムパンツ各部サイズ画像、股上27cm、ワタリ30cm、裾幅12cm

 

ケータイなどの滑り落ちを防止

ホワイトマウンテニアリングのストレッチスリムパンツ部分画像

ポケット縁の下部はモノが滑り落ちにくい仕様に。外出時の自宅キーやケータイなど、小さなモノでも放り込んでおける安心感がある

 

WHITEMOUNTAINEERING/ホワイトマウンテニアリング
since:2006 Desginer:相澤陽介

“服を着るフィールドは全てアウトドア”をコンセプトに、ファンクショナルで洗練されたスタイルを提案する。アディダス オリジナルスをはじめとするコラボも毎回話題に。

 

適度なゆとりがありつつルーズさは皆無!

サイのアスレチックパンツモデル着用画像
カジュアルなのにめっちゃ上品♪

サイのアスレチックパンツ

高速織機で限界まで密度を詰めたコットンサテン生地は、さらりとした肌触りと品のよい光沢感が特徴。両足の内股をひとつなぎにしたことで可動性も向上。厚めの裾リブはフィット感も◎。3万5000円(マスターピースショールーム)

 

 

独特のマチの形でスマート&軽快

サイのアスレチックパンツ部分画像

尻ぐりを廃し、股下からヒップにかけて両足をつなぐマチによって立体的なシルエットに。過剰な余りが出ないので後ろ姿も洒脱だ。

 

SCYE(サイ)
Designer:日高久代 since:2000 Patterner:宮原秀晃

テーラー用語で袖ぐりを意味する"SCYE"の名の通り、カッティング、パターンの美しさが際立った、ミニマルで上質なモノ作りが真骨頂。素材へのこだわりも際立っている。

 

定番人気のモデルがイージー仕様に進化!

ベドウィン&ザ ハートブレイカーズの9分丈パンツ“ジェシー”モデル着用画像
味はあっても重くない美麗シルエット

ベドウィン&ザ ハートブレイカーズの9分丈パンツ“ジェシー”

裾にかけて緩やかにテーパーするクロップトシルエットで、同ブランドのスタンダードのひとつである“ジェシー”がイージー仕様にアップデート。洗いのかかったモールスキン地が味わい深い。1万8000円(ザ ハートブレイカーズ)

 

ベドウィン&ザ ハートブレイカーズの9分丈パンツ“ジェシー”各部サイズ画像、股上23.5cm、ワタリ32cm、裾幅17.5cm

 

腰下のダーツでヒップアップ

ベドウィン&ザ ハートブレイカーズの9分丈パンツ“ジェシー”部分画像

ワタリはゆとりがありながら、腰部に横向きに入ったダーツでシルエットを微調整。ヒップが上がり、独特のテーパーラインに。

 

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS/ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ
since:2004 Director:渡辺真史

音楽やエクストリームスポーツなどのカルチャーに触れて育ったディレクターによる、大人のストリート観を反映した服作りが持ち味。トラディショナルで男クサくも、品格あり。

 

まるでスラックスのようなクリーンな出で立ちに

サージュデクレのトラックパンツモデル着用画像
気楽なジャージーなのに小ぎれい♪

サージュデクレのトラックパンツ

随所にジップポケットを配したアクティブなトラックパンツも、レーヨン混ポリエステルの質感で一転、ノーブルさが倍増。ストレッチを利かせた強めのテーパード設計で、動きやすさは格別。1万8000円(ギャラリー・ド・ポップ)

 

サージュデクレのトラックパンツ各部サイズ画像、股上30.5cm、ワタリ32cm、裾幅18cm

 

端正さの決め手はセンターピンタック

サージュデクレのトラックパンツ部分画像

落ち感のある素材と組み合わさったことで、フロントのピンタックとステッチワークがセンタークリースのような品よいアクセントに。

 

SAGE DE CRET/サージュデクレ
since:2001 Director:千田仁寿

普遍的なメンズクロージングを土台にしながら時代の空気感を取り入れたプロダクトは、大半が日本製。オリジナル生地の製作にも積極的で、長く愛せるシルエットも人気の理由。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年7月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一、穂苅麻衣(BOIL) 上野 敦、船元愛美(プルミエジュアン) 小尾淳介 文/いくら直幸 秦 大輔  黒澤正人 桐田政隆 トロピカル松村 押条良太(押条事務所) 今野 壘 宮嶋将良 吉田 巌(十万馬力) 礒村真介 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/TOYO(Bello) イラスト/TOMOYA daisketch

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ