WOOLMARK COMPANY

これからの季節、しっかり太いネイビー軍パンがとにかく万能だ!

これからの季節、しっかり太いネイビー軍パンがとにかく万能だ!

軍パンの魅力、それはあふれんばかりの男らしさ。オリジナルに近い太めシルエットになるほど、自ずと骨太感も増しますが、時代は太パンが気分。古着ブームのあの頃を思い出しつつ、再びこれに脚を通さない選択肢はありません。

ただ、王道オリーブ色となると、夏が近づくにつれ暑苦しく見えるきらいも……。そこで選ぶべきはネイビーの太軍パン! 

軍パン本来の男らしさに加えて、ネイビー由来のクリーンさを備えているのがこれの特徴。キレイめから脱力カジュアルまで合わせを選ばず、ってのがまたハッピー♡ なのよねぇ〜。

 

スタイル#01.
ネイビーのトーン合わせ

上下でネイビーグラデを演出すれば、ネイビーのクリーンな雰囲気が際立つ。足元には迷わず革靴をチョイスしよう。

ネイビーのトーン合わせ
適度なボリューム感のあるローファーが相性よし。トラディショナル ウェザーウェアのカットソー1万2000円(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店) アイヴァン7285の眼鏡4万円(アイヴァン 7285 トウキョウ) パラブーツのシューズ6万5000円(パラブーツ青山店)

 

ライブロのグラウンドパンツ
“整備部隊”のパンツがデザインソース

LYBRO/ライブロのグラウンドパンツ

英国のワークウェアブランドであり、ナイジェル・ケーボンのいちラインとして復活を遂げた『ライブロ』より、軍隊を裏方として支える整備部隊のパンツをモチーフにした一本。

手袋をしたままでも締められる極太ドローコードや、座った姿勢でモノを取り出しやすい裾近くのポケット、そしてゴン太のシルエットが目を惹く。1万8000円(アウターリミッツ)

 

スタイル#02.
ペールトーンの引き立て役

さまざまな色と好相性のネイビーだが、ペールカラーと合わせれば、その華やかな趣をネイビーが際立たせてくれる。

ペールトーンの引き立て役
ペールカラーも大人っぽく着られる。メゾンジェリアのシャツ2万9000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) オムニゴッドのカットソー1万1000円(オムニゴッド代官山) ノース ワークスのバングル6万円(HEMT PR) クラークスの靴2万3000円。(クラークス ジャパン)

 

プロッパーの6ポケットパン
仕様はタフながら軽快に穿ける生地感

PROPPER/プロッパーの6ポケットパン

プロッパーは1967年創業の米国ブランド。軍隊や警察などの公共機関へユニフォームを納入してきた実績を持つ。股上が深く、ワタリも太いこちらは、オーセンティックな軍パンの魅力が味わえる一本。

生地はコットンリップストップを使用し、膝を二重にして補強。裾のドローコードを絞れば、シルエットにほんのり変化がつく。8500円(ハイ!スタンダード)

 

スタイル#03.
白パーカとの“紺”トラスト

白×紺のマリンな色合わせは鉄板。白パーカとコーデすれば、リラックスしつつも大人っぽさが薫るスタイルが完成。

白パーカとの“紺”トラスト
インナーによる華やかな差し色のチラ見せも、洒脱のポイントだ。ジャクソン マティスのパーカ1万2000円(ハンドイントゥリーショウルーム) フルーツオブ ザ ルームのカットソー5500円(FTL JAPAN) ジー エイチバス × シップスのシューズ2万3000円(シップス 銀座店)

 

ガンホーの1973 ファティーグパンツ
“簡素化”が軍モノ特有の味を引き出す

GUNG HO/ガンホーの1973 ファティーグパンツ

創立45周年を迎えたガンホー(ブランド名は軍隊の掛け声に由来)が、創立当初に米軍へ納入していた作業パンツを忠実復刻。シルエットも当時同様の太さに復刻したところ、期せずして今どきになっちゃった!という瓢簞からコマな一本だ。

簡素化された仕様に漂う、軍モノ特有の粗野感が魅力。青みがかった発色も洒落ている。綿100%。1万1000円(互興)

 

スタイル#04.
アースカラーで挟み撃ち

男らしさ&色相性の観点から、アースカラーのアイテムとの合わせもオススメだ。足元にもこれを選ぶとよりスマート。

アースカラーで挟み撃ち
シャツ&インナーの色合わせが、洗練のキモに。プラステのシャツ5990円[プラステ(リンク・セオリー・ジャパン)] オフィシャルプレイズのカットソー7500円(ハンドイントゥリーショウルーム) ピッピシックのサンダル3万8000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

 

キャプテン サンシャイン×ビームス プラスの6ポケットパンツ
本格ディテールを上品なタッチの生地で

KAPTAIN SUNSHINE×BEAMS PLUS/キャプテン サンシャイン×ビームス プラスの6ポケットパンツ

ダーツによって動きやすい立体形状に仕上げた膝回りや裾のドローコード、そしてガッツリ太いシルエットに骨太な魅力漂うパンツ。一方で素材には薄手、かつ密に織られた品のいいタッチのタイプライタークロスを使用。

ネイビーの色みと併せて土臭さが程よく抑えられているため、どこか大人っぽいテイストが薫る。2万8000円(ビームス プラス 原宿)

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年7月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一、穂苅麻衣(BOIL) 上野 敦、船元愛美(プルミエジュアン) 小尾淳介 文/いくら直幸 秦 大輔  黒澤正人 桐田政隆 トロピカル松村 押条良太(押条事務所) 今野 壘 宮嶋将良 吉田 巌(十万馬力) 礒村真介 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/TOYO(Bello) イラスト/TOMOYA daisketch

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ