Apr-20-2024

旅先でいいご飯も食べられる!?

【BAICYCLON】“2024年リュックの旅”コスパ良すぎる必殺バイシクロン

【BAICYCLON】“2024年リュックの旅”コスパ良すぎる必殺バイシクロン

バラクータ×ビームス プラスのブルゾン5万5000円、ビームス プラスのシャツ1万9800円(以上、ビームス プラス 原宿) アルテックスのスウェット8690円(ブランチ・アウト) ジュゲムのパンツ2万4000円(HEMT PR) ロイド フットウエアの靴1万8700円(ビームスF)

“2024年リュックの旅”とにかくデカいデイパで行こう!
心も体も鈍る冬が明け、いろんな制約からもようやく解き放たれつつある2024年春。今年こそ気の向くままに、思いのままに旅を楽しみたい!トロリーよりも気軽なリュックなら、ゴロゴロ引く必要もないし人混みもスイスイ。ロッカーを探す手間も時間も華麗にスルーできちゃう。1~2泊でいい、1~2人分の荷物さえ入ればいい。とにかくデカいやつを背に出かけてみることにしよう。

このデカさこの収納で“¥19,800”はデカい

W31×H48.5×D19(cm)

BAICYCLON by bagjack バイシクロン バイ バッグジャック

BAICYCLON by bagjack[バイシクロン バイ バッグジャック]

PCスリーブや小分け収納を備えた1室構造で、フラップを開けず中身にアクセスできるファスナーを背面左側面に搭載。外部ポケットにはインポケットが備わり、小物も整理しやすい。1万9800円(パブリックスクエア)

カリスマの弟こそ最高の相棒なのだ

1993年にドイツ・ベルリンで生まれ、世界中のプロメッセンジャーから絶大な支持を得るメーカーがあります。その名は「バッグジャック」。過去にドイツ政府の依頼を受けて軍用バッグを制作するなど、世界屈指の実力を誇る超名門です。「バイシクロン」はその弟分。名門のDNAを受け継ぎながら、まさかの1万円台を実現したバイシクロンのデイパは、男旅の相棒としてコスパ最強と断言したい!

軍モノベースのような縦型外部ポケット。これでもかとばかりに機能性を誇示するポケットは、後ろ姿を抜群にカッコよくみせてくれるだけでなく、何かと荷物の出し入れが多い旅において最高のアドバンテージになるんですよね。

外装には500デニールのコーデュラナイロンを使いながら、芯材を省略することでフィット感と軽量性を高めたり、外れにくく頑丈なマグネットバックルをフラップに装備したりと、長年実用カバンを作り続けてきた名門だからこそできる理に適ったデザインが随所に!

そんな必殺デイパでありながらゴールド消費も最小限!? グッドプライスでしっかり旨みも味わえるバイシクロンで予算を浮かせ、旅先のウマいもんに充てるのが男旅の大正解でしょう!

ちょっとコツがいるバックルは防犯にも◎

BAICYCLON by bagjack バイシクロン バイ バッグジャック

※表示価格は税込み


[ビギン2024年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2024年6月号

Begin 2024年6月号

カバン選びの大正解

定価820円(税込)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ