WOOLMARK COMPANY

ジャケットをカジュアルダウンするため、インナーにパーカを差す。まぁ、王道ですよね。だけどこのド定番レイヤードも、使うアイテムによってそんなお約束感を一気に払拭できちゃうんです。

 

スウェットからお着替え~だけで印象ガラリ

スウェットからお着替え~だけで印象ガラリ

改めて注目したい! アノラックの汎用性

で、今回目をつけたのはシャカシャカ素材のアノラックです。通常ジャケットにインするパーカといえばスウェットが定石ですが、生地感をガラッとチェンジ!すると、コンサバになりがちなジャケットの装いが一転、新鮮に見えるって算段です。

それに、よくよく考えるとこのアノラック、Vゾーンに映えるボリューミィな首元や、スウェットパーカより高い位置にあるフロントポケットなど“いつもと違う感”が満載です。

ジャケットを脱いでも絵になるし、気温の安定しない時季も安心。合わせはベタでもな~んかひと味違う、ちょい玄人なレイヤードです♪

上写真/エンジニアド ガーメンツのジャケット7万円(ネペンテス) スティル バイ ハンドのパンツ1万6000円(スタイルデパートメント) ランコート×シップスの靴4万3000円(シップス 渋谷店) 眼鏡はスタイリスト私物。

 

着こなしPOINT「重ねる際のバランスに注意を」

武内雅英さん
武内雅英さん(スタイリスト)

「素材や色合いの相性も大切ですが、最も気にしてほしいのがシルエット。とくにジャケットとアノラックの裾のバランスが重要です。アノラックのほうが少しだけ短く、後ろ姿でジャケットの裾からはみ出さないくらいがベターですね」(武内さん)

 

ビームス プラスのアノラック パーカ

ビームス プラスのアノラック パーカ
米国海軍で使用されるフードJKに着想を得た、発色のよい一着。リサイクルポリエステルのリップストップ生地を使っており、通気性や撥水性も備えている。1万6000円(ビームス プラス 原宿)

 

まだまだある!
その他のおすすめアノラックをご紹介♪

ワイルドシングスのパッカブルアノラック

ワイルドシングスのパッカブルアノラック
薄くて軽く、かつ破れにくいリップストップ地を採用したアノラックは、フロントポケットに全体を収納できるパッカブル仕様だ。ガサッとバッグに押し込める気楽さも◎。1万8000円(インス)

 

デサント ポーズ×エディフィスのアノラック

デサント ポーズ×エディフィスのアノラック
薄手&ソフトで肌触りのよいナイロンを使用し、表面にステッチが露出しない無双仕立てで縫製した一着。見た目はミニマルだが、撥水性も備えていて実用的だ。1万7000円(エディフィス 渋谷)

 

さらにSTUDY!
What’s アノラック?

What's アノラック?

そのデザインの起源は意外なところに
ルーツはツンドラ地帯の先住民、イヌイットが着る毛皮製アウター。その呼称も彼らの言語に由来する。防水と防寒を主な用途とし、アウトドア&ミリタリーシーンで用いられるが、ドローコードは前者は裾のみ、後者は裾と腹部に配されることが多い。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年6月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一 文/いくら直幸 吉田 巌(十万馬力) 秦 大輔 星野勘太郎 伊藤美玲 礒村真介 桐田政隆 黒澤正人 今野 壘 黒澤卓也 栁澤 哲 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/北村達彦 イラスト/TOMOYA daisketch

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ