シップス×Begin

コーヒーの豆知識

201405C_sTtl

2015020198_C_07_2

面倒ナシ、失敗ナシ、で 旨味を一番引き出せる!

挽いたコーヒー豆とお湯を注ぎ、4分待ってブシュ~と濾せば、はいでき上がり! ランニングコストも不要の最も手軽なコーヒー抽出器具といえば、コーヒープレスで決まりでしょう。ただコチラ、単に手軽な器具と思うのは大間違い。なぜって、コーヒー豆の旨味を最大限に引き出せる淹れ方は、何を隠そうコーヒープレスを用いたものなんですから!!

どういうことか説明すると、コーヒーのコクに当たる旨味は油分の中に含まれていて、ペーパードリップだと旨味が濾し取られてしまうことも。上手に淹れればそれがスッキリした味へもつながるのですが、コーヒープレスでは油分もそのまま抽出されるため、ウマい豆ならそのウマさが、ダイレクトに味として出る。百戦錬磨のコーヒー好きもプレスにハマる理由は、そこにあるんです! なかでも、気鋭のドリンク器具ブランド、リバーズの最新作・”フープ”は、コーヒープレス特有の”粉っぽさ”を注ぎ口の微粉フィルターにより軽減する優れモノ。これならスムーズな口当たりが楽しめますヨ。

リバーズのコーヒープレス フープ

東京発・気鋭のドリンク器具ブランドによる新作コーヒープレスは、4杯分が淹れられる大容量。フープ(輪っか)の名前の由来は、ツマミの形。収納せずともサマになる、ルックスが持ち味だ。W13.5×H16×D9cm、720ml、各4000円。
(問)リバーズ TEL 03-6447-9199

リバーズのコーヒープレス コア

耐熱ガラスのビーカーを樹脂カバーですっぽり覆った、スタイリッシュなデザイン。1~2杯のコーヒーを淹れるのにジャストなサイズ感だ。カバーは簡単に外せる。W12×H15.6×D7.5cm、350ml、各2600円。
(問)リバーズ

味がスッキリする"ドリップ派"も急増中!

ワンキルン

マグカップにのせ、紙フィルターをセット。湯を注いでコーヒーを抽出するドリッパーはアクリル製のものが手軽だが、所作を満喫するなら陶器製がオススメ。こちらはシックでモダンな鹿児島の気鋭の陶芸作家モノだ。4800円。
(問)ビー ア グッド ネイバー TEL 03-5770-3195

ケメックス

ガラス製ドリッパーとデカンタが一体となった、シンプルかつ機能的なコーヒーメーカー。MoMAの永久展示品にも選定されている、定番中の定番だ。左から10カップ/1万2000円、3カップ/6000円、6カップ/8600円。以上
(問)ファーマーズテーブル TEL 03-6452-2330

※表示価格は税抜き

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ