string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368259/"
int(1)
int(1)
  

THANKO サンコーのクリアンブレラ

折りたたみ傘、ビニ傘、ワンタッチ傘の利点が三位一体に!

もっか梅雨の真っ只中。傘が手放せない時期になりました。また、これからの季節は、たとえ朝は晴れていても「午後に雨、降るかも……」と心配になり、鞄に折りたたみ傘をしのばせて出勤ってな機会もしばしばあることでしょう。

ということで、アイデア家電でおなじみのサンコー(THANKO/2003年創業。本社:東京)から発売された、ユニークな折りたたみ傘「クリアンブレラ」のご紹介です。トップ写真からもお分かりのとおり、コレは小間(こま/傘生地のこと)が透明なビニール傘。なので、使わないときにはコンパクトになってバッグに収まり、使用時には前方に傾けても良好な視界が確保できるという、折りたたみ傘とビニ傘の、両方の利点を兼ね備えたユースフルな雨の日アイテムとなっております。

さらに注目すべきは、手元のボタン操作で自動的に開閉できるという点です。なので、鞄を提げているときでも、他の荷で片手が埋まっているときでも開いて&閉じてが超楽勝。たとえば歩行中にアーケードに入ったら閉じて、そこから出たら開いて……という動作の繰り返しもクイック&スマートにできちゃう寸法です。ちなみに、折りたたみのビニ傘でのワンプッシュ開閉式というのは、これはもうかなり画期的であるといえましょう!

まだ、語るべき点があります。まず、ビニ傘とはいえ開装時に真円に近いカタチになる親骨10本構造であるうえ、折りたたみ式ながらΦ1m超えのゆったりサイズであるため、カラダ全体をしっかり覆い、背負ったリュックが濡れるのも防いてくれる(トップ写真)のが大助かり。加えて、小間の縁に縫製を施すなどし、「ビニ傘=使い捨てのチープ傘」という既存イメージを打ち破るタフな作りになっているのも注目ポイントでしょう。天候が荒れる日が増える夏から秋にかけての時期などには、これはとても頼もしいですよね?

と、折りたたみ傘、ビニ傘、ワンタッチ傘の要素が三位一体となって、それぞれのイイとこ取りを発揮してくれる、この「クリアンブレラ」は、使い勝手上々の実用傘。ON & OFF問わずで活躍してくれるのはもちろんですが、ことに、雨が多いこのニッポンで頑張って活躍しているビジネスマンには、必ずや良き相棒になってくれると思う次第です!

THANKO サンコーのクリアンブレラ

手元のボタンを押せば、ジャンプ傘(バネの作用を利用し、ボタンのワンプッシュで開く傘のこと)のように瞬時に開装し、もう一度押すと自動で閉装。荷物で片手がふさがっていても、楽々開閉できるのは大助かりだ。

THANKO サンコーのクリアンブレラ

左/透明ビニール傘とあって、たとえば雨風が強い日、前方に傾けても視界が遮られることがないので安心だ。右/小間のトリミングや露先(親骨先端)の取り付け部では、とりわけ堅牢に縫製が施されているため、繰り返しの使用でも破損しにくい。

THANKO サンコーのクリアンブレラ

真円に近い形状となる親骨10本構造であるうえ、その約60cm長の親骨がほどよくカーブを描きつつ、Φ1m超えの面を成すことで、カラダをしっかり覆って風雨から保護。それでいて折りたためば、こんなにコンパクトに!

サンコーの
「クリアンブレラ」

使用時サイズ:上記参照
収納時サイズ:上記参照
重量:約440g
親骨の本数:10本
親骨の長さ:59cm
価格:1680円

問い合わせ先/サンコー ☎ 03-3526-4326
https://www.thanko.jp

※表示価格は税込み


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ