wook vol.11


山へ海へ! 週末のアウトドアが楽しい季節です。せっかく自然に囲まれる時間を過ごすなら、キャンプグッズも自然派にしてみては? きっと癒やされ度が高まるはず。

ってことで紹介したいのが、高知県の天然素材を活かしたアイテムを作る「SUNDAY MARKET(サンデーマーケット)」。材料は主に間伐材を使用、売上の一部は森の健康を守るための団体へ寄付しています。なかでも今回は土佐ヒノキを使ったグッズをご紹介します。モダンなデザインなので、アウトドアだけでなく、毎日の生活に取り入れてもインテリアと自然となじみます。いろんな意味で自然派な4品、早速ご覧あれ〜。

シンプル構造で使いやすい!
COFFEE DRIPPER


一見なんの変哲もない穴が空いた木板ですが、実はこれ1人用のコーヒードリッパースタンド。穴の中にペーパーフィルターを差し込みマグカップの上に乗っければ、簡単2ステップでセット完了です。無駄を省いたシンプルな構造!

ウォルナットと土佐ヒノキを組み合わせたデザインがモダンな佇まい。セットしたとき、端っこに使用した土佐ヒノキの色味が効いてきます。ストラップ付きで、魅せる吊り収納にも◎。単純に持ち運びしやすいサイズ感ってのもよくて、キャンプやBBQなどアウトドアシーンにもうってつけ!>>>詳しくはこちら

コースターや鍋敷きに早変わり!
WOOD POT STAND


コーヒーを準備したら、用意したいのがコースター。なくてもいいけれど、あると特別感が増してムードも味わいも!?変わります。で、この拍子木のような素材違いの4本の出番ってわけです。例えば机の上ではなくそのまま地べたにマグを置くとき、こちらは厚みがあるので重宝します。

しかも、紐の輪に沿って木の配置を自在に変えることができるので、鍋敷きとしても応用できるんですね。ちなみに、素材は土佐ヒノキ、ウォールナット、サクラ、竹の4種類。色味が微妙に違うのでデザイン的にもお洒落です。キッチンの壁にぶら下げておけば、空間作りにも一役買ってくれそう!>>>詳しくはこちら

土佐ヒノキの香りでリフレッシュ♪
OUTDOOR BODY MIST


自律神経活動を鎮静化し、リラックス効果をもつとされるヒノキの香り。日本では高知県が産地として有名で、土佐ヒノキは「幡多ヒノキ」、「四万十ヒノキ」と呼ばれることも。熱に強く、耐水性、耐久性に優れ、殺菌作用も高いことから、建築材の他に、まな板などにも利用されています。このボディミストはそんな土佐ヒノキのエキスを配合。深い森の中にいるような爽やかですっきりとした香りです。

アウトドアへ出かける前やショッピング中にシュッシュとスプレーすると、マスクをしていても気分爽快! これからの蒸し暑い時期、マインドリセットに心強いアイテムです。DEET不使用のやさしい処方で、ムスメやムスコと一緒に使えます!>>>詳しくはこちら

アウトドア気分を室内でも!
HINOKI WOOD CHIPS


こちらは土佐ヒノキのチップス。一粒一粒は小さいですが、その見かけによらず5通りの活躍を期待できます。まず除菌・消臭として。トレーに入れて玄関やトイレ、靴箱にセッティングしておくと除湿効果も発揮します。2つ目は観葉植物の土の上に敷き詰めて防虫対策に。3つ目は加湿の役割。霧吹きで2〜3回水を含ませておけばOK。4つ目はヒノキ枕の中材として。そば殻枕にプラスしてみるのもおすすめです。

そして、最後はエッセンシャルオイルを染み込ませて空間の香りづけに。これPC作業用のデスクの上に置いておくと、かなりリフレッシュ効果アリです。ストレスフル!ってなったとき、ヒノキの香りを嗅ぐと落ち着きますよ〜。全て量によって効果が変わりますが、ヒノキの魅力をそのまま活かした使用方法で安心です。>>>詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ