Begin Market DAN-TEN

1867年にフランス東部の街、ブザンソンで創業。現在ではフランスを代表する老舗ウォッチブランドとして知られるのが「LIP(リップ)」です。その信頼度ゆえ、自国のドゴール首相、国賓扱いの英国チャーチル首相に贈呈されたというエピソードも。そんな由緒正しいブランドに、1960年代の一時期にだけ存在した“サービスウォッチ”なる、語れるプロダクトがあります。要するに車検のときの代車と同じことなのですが、時計の修理の間に貸し出すための時計だったそうです。

今回ビギンでは、そのマニアックなモデルの別注品を2本製作。片やブランドを代表するモデルのエッセンスを取り入れたデザイン、片や同じ“リップ”つながりのオマージュデザインと、語れる時計に語れるデザイン要素をさらにプラス。どちらもユーモラスかつ使いやすいカジュアルウォッチとなりました。お値段も2万円台と手が届きやすい範囲内ゆえ、ギフトとしても最適。クリスマスに向けてねだるもよし、贈るもよしですよ♪

語れる時計をもっと語れるようなデザインに♪LIP/Begin別注 サービスウォッチ


車を車検に出す際に提供されるのが代車。この概念を導入した代時計がサービスウォッチの概念。そんな背景を知りつつ手にしたいコチラ、創業者の孫フレッド・リップがデザインした名作“パノラミック”がベースとなっています。当時より完成されたフェイスを崩すことなく、フランスらしいエスプリの利いたデザインの由緒正しきモデルをモダンかつ上品顔に仕上げたのがビギン別注。ジャケットスタイルの装いに品格をプラスしてくれる力強い相棒となるハズです。

Begin別注 これがホントの“LIPサービス”ウォッチ


グリーンダイヤルにシンプルなインデックス……、あれインデックスがアルファベット??そうなんです、これ「(あなたに)時間をお貸しします」と書かれておりサービスウォッチらしい捻りが効いています。加えてこのグリーンの色味、かの有名なリップクリームがアイデアソース。LIPだけにこの配色、って遊び心にまで洒落が利いているんです。
>>>詳しくはこちら

Begin別注 “マッハ”な顔のサービスウォッチ


コチラはブラックダイヤルのモデルなんですが、2時位置、3時位置、4時位置が黄、青、赤の配色に。実はコレ、リップの名作“マッハ2000”をオマージュした配色でして、名品のアイデアを落とし込んでいるという訳です。よりシックに纏めたい、なんて方はブラックがおあつらえ向きです。
>>>詳しくはこちら

『マッハ 2000 クロノ ブラック ラバー』


無駄を廃し完成された名品時計は、人間工学や流体力学に基づくデザイン。時刻が読み取りやすく、操作性に優れる取り回しもイージーなクロノグラフウォッチがマッハ2000なのです。ストップウォッチ、カレンダー機能、防水機能も付いており実用面もパーフェクト。シンプルなコーデにこそ映え、周囲の視線を釘付けに出来る一本です。

MoMAにも置かれるアートな一本!


時計業界で初となる、フランスの著名デザイナー ロジェ・タロン氏が作ったクロノグラフが“マッハ2000”シリーズ。左右非対称のフォルム、大振りのプッシャー、シンプルなバーインデックス、6時位置にデイト表示、などパーフェクトと言えるデザイン。腕に嵌めるだけで明確な主張が出来る、大人のためのブラッククロノの最高峰です!
>>>詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ