シップス×Begin

近頃、ニッポン各地で自然災害が多発中ですが、この時期、一番怖いのは何と言っても台風や豪雨によってもたらされる水害でしょう。こうしたとき、身を守るための的確な避難が重要になるわけですが、その避難先では、じつはバケツ防災セットが大活躍。さまざまな使い道があって、避難生活でのストレスや困り事を軽減してくれます。ということで、Begin防災士・中村重樹が、水害が心配な地域にお住まいの方々に向け、バケツ防災セットのメリットをわかりやすくご案内。読んで納得&知ってお役立ちの防災豆知識。もしものときのために、以下、要チェックです!

水の処理に役立つのはもちろん、
じつは避難所でも活躍してくれるんです!!


Begin 防災士
中村重樹

月刊『Begin』副編集長、『e-Begin』編集長を務めた後、今年初めに防災士の資格を取得。もっか、日常でも使えるお洒落な防災用品の研究・開発に努めている。

まずは避難指示のレベルを理解しましょう

上図は、災害時に取るべき行動を5段階で表したもの。「レベル3では高齢者が、レベル4では全員が避難を。ただし、避難行動自体が危険なレベル5では、最善の安全を確保しつつ居る場所に留まりましょう」(Begin防災士・中村)※内閣府(防災担当)、消防庁の資料を参考に作成

地震や津波など、一刻を争う災害ではリュックタイプの防災セットがいいのですが、あらかじめ避難のタイミングがわかる台風や洪水ではバケツタイプがベター。ということで近頃、バケツ防災セットが注目されています。

日本防災士機構認証の防災士・中村によれば、バケツは「給水を受けたり、水を溜めたりはもちろんのこと、カゴ代わりに使えて、避難所でイスやテーブルになるなど、じつはさまざまな役をしてくれます」とのこと。じつは、つまり被災時、バケツは日常では思いもよらないような用途を発揮してくれるのです。ということで、下記の「避難所でこんなに便利」をご確認ください。そしてバケツの“目からウロコ”なお役立ちぶりに納得したら、さっそくバケツ防災セットを備えて欲しいのです!

避難所でこんなに便利

バケツ防災セットをBegin防災士がセレクト!

上記をご覧になって、被災時におけるバケツの有用性について十分ご理解いただけたところで、Begin防災士・中村がセレクトしたバケツ防災セットをご紹介します。それは中村自身がプロデュースした「ビギン マーケットオリジナル バケツ防災セット」と、おなじみ東急ハンズの「オリジナル 自宅待機セット」の2商品。ともに避難所生活のさまざまなシーンで多用な使い方ができるスペシャル仕様のバケツと、その中に一式収まる生活雑貨類からなるセット商品です。下記をご覧のうえ、どちらを選ぶべきか、じっくりご検討を!

日常使いも想定したお洒落なビギン マーケット限定セット誕生!

普段、防災セットって押し入れなどに保管してますよね? で、いざという際、「どこにしまったっけ?」とあわてたりします。そこでBegin防災士・中村は、長らく『Begin』&『e-Begin』でファッション&グッズに数多く触れてきた経験から、こう考えました。「小洒落たバケツなら目につく場所に置いてもサマになるし、いざというとき、即持ち出せるのでは?」と。こうして誕生したのが、この「ビギン マーケットオリジナル バケツ防災セット」です。

災害発生からトラブルの多い23日後までの避難所生活を想定した2人分の防災用品全6品が収まるバケツは、鮮やかカラーのお洒落デザイン。ゆえに普段はインテリアっぽく部屋に置けて、サイドテーブルやスツールとして使用が可能です。「防災グッズは使わずにすむのがベストですが、全然使わないのももったいない。でも、日常でも大活躍してくれる、このセットなら使用頻度が高いので費用対効果も抜群です」(中村)

Beginオリジナル バケツ防災セット

カラフルなプラスチックバケツ「オムニウッティ ニュートラル LLサイズ」(八幡化成製)と、被災時に大助かりな6アイテム(下記参照)をセットに。バケツは耐荷重150kg(!)ゆえに安心して座れて、フタがフラット構造なので飲み物を置いても大丈夫。持ち手に給水を容易にするホース穴が設けられているのもウレシいポイントだ。バケツサイズW33×H33.8×D31.2cm、容量20ℓ。全3色。各8305円。>>>購入はこちら

※本セットのバケツには、下記で紹介しているラジオ(Beginマーケットにて販売)、エアマットも収納可能です。

※本セットには賞味期限のあるモノは含まれていません。それらは個々人で買い足し&買い替えをお願いします。

セットの中身はこちら

避難時&日常でお洒落に使えるラジオ&エアマットも!

常時、直近の災害情報を伝えてくれるラジオは必須の防災アイテムです。しかも、それが見た目にお洒落ならバケツと同様、居間や寝室などに置き、日常使いもできるはず。ということでBegin防災士・中村が小粋ルックの多機能コンパクトラジオをチョイス。「ビギン マーケットオリジナル バケツ防災セット」の一員として、別売りでご推挙します。

また、コンパクトに持ち運べて、避難所での休息で重宝するエアマットも、あると大助かり。とりわけ中村がセレクトしたネイチャーハイクの製品は使い勝手が良く、寝心地快適。しかもカラーリングも美しい小洒落デザインだから、これも普段使いしてみたいのです。

【オプション(別売り)】ラジオ/手回し、ソーラー、乾電池(単4×3本。付属なし)のどの電源でも機能する「リラックス エマージェンシー ラジオ」は、AM/FMラジオやLEDライト、モバイルバッテリー、SOSアラームに加え、MP3(対応メディア:microSD、USBメモリ)対応で音楽も楽しめる。また、お洒落な見た目ゆえお部屋のインテリアにも。日頃使い慣れておけば、いざってときも戸惑うことなく使用できる。4950円。>>>購入はこちら

中身充実の東急ハンズバージョンもあり!!

東急ハンズオリジナル 自宅待機セット
断水時、自宅で過ごす際に必要なアイテム一式をセットにしたバケツ付き商品。「自宅での一時避難を想定した商品ですが、避難所でも活躍してくれそうです」(Begin防災士・中村)。セット内容は以下に記載。バケツサイズはW29×H25×D28.5cm、容量10ℓ。1万780円。(問)東急ハンズ渋谷店☏03-5489-5111 https://hands.net/goods/4939871204735/

セットの中身

※表示価格は税込み


写真/伏見早織 文/山田純貴 スタイリング/佐々木 誠 イラスト/田中 斉、青田慎悟(図)

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ