wook vol.7


ドイツデザインのエッセンスを込めた高感度ウォッチで知られるDUFA。今季、バウハウス出身の巨匠から発想を得た、洒脱なクロノグラフを特別にリリース。究極にシンプルでありながら随所にアップデートを加えた新作は、使いやすさに加え知的な雰囲気まで備えた傑作です。

ドイツデザインのエッセンスをこれでもかと凝縮!

DUFA(ドゥッファ)って何?って方のために、改めてブランドの解説から始めます! 1864年にオルゴールや時計ムーブメントを作るため、ドイツ・テューリンゲンに生まれたファクトリーこそが、DUFAのオリジン。その名称である「Deutsche Uhren Fabrik」は、独語における「ドイツ時計工場」を意味しており、まさにドイツらしい機能美を追求し質実剛健な物作りにて発展を遂げたドイツ工業史上に名を残す古豪ブランドなのです!

1920年代になると世界各地で工業化が盛んとなり、DUFAも新工場を増築し、ドイツクロック業界の最高峰ブランドとして内外に知られる存在へ。
それと、ほぼ同年代と言える1919年、急速に増加する近代デザインへのニーズに対応すべく、ドイツのワイマールに芸術・建築・プロダクトデザインなどの総合教育を目的とした「バウハウス」が設立されます。その後のデザイン世界に強い影響を与える傑出したデザイナーが多数輩出したことは皆さまご存知でしょう!

創業当時から一貫して実用機能にこだわり、虚飾を排したシンプルデザインを徹底させており、その姿勢はまさにバウハウスの教育理念に通じるもの。DUFAはバウハウスイズムに共鳴し、オマージュを込めた主軸コレクション「エレメンツシリーズ」をリリースしました。

なかでも話題になったのが、2019年にバウハウスが100周年を迎えるタイミングで発売された、アニバーサリーモデル。その象徴モデルが、100周年記念「ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノ」です。「ミース・ファン・デル・ローエ」は、バウハウスが生みだしたモダニズム建築の重要人物として知られており、“Less is more(少ないことは、より豊か)”という名言を残したことでも知られるデザイン界の巨匠です。なかでも彼が遺した傑作「バルセロナ・パビリオン」は、モダニズムの美的センスが集約された名建築。「ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノ」では、緩やかな窪みを持つインダイヤルを設け、同パビリオンが表現した“静けさの空間”を、時計内部に再現させているそうです。

そして今季、「ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノ」がさらにアップデートされ、再びのリリースが実現! 2019年モデルを踏襲しつつ、ミースのもうひとつの名言である“God is in the detail(神は細部に宿る)”の言葉にならって細部をブラッシュアップさせた新作は、多彩な注目ポイントを備えた高感度なクロノグラフです。

細かなところまでバウハウス精神に敬意を払った

その特徴のひとつがバウハウスにより提唱された黄・青・赤の“三原色”と、デザインの基本形状である▲●■を随所にデザインしているところ。リューズやプッシャーのみならず、インダイヤルの針、裏ブタなどに細かくアレンジを加えており、ミニマルでありながらポップでリズミカルなルックスへと熟成を遂げているのです。また見逃せないポイントであるのが、スペシャルなボックスセットでのリリース。ベースとなるカーフレザーの他、カジュアルな装いにマッチするテキスタイルベルトを同梱しています。しかも引き通しタイプのため、ベルトチェンジも非常に容易。専用工具を用いず手軽に交換できるところなど、実に魅力的かつバウハウスらしい合理的なパッケージに仕上っているのです。

商品の問い合わせ先/ドゥッファ(ウエニ貿易・03-5815-3277) DUFA公式サイト

■ショップリスト
——————————————-
・SPINDLE 新丸の内ビルディング(03-3211-5117)
・オンタイム 渋谷ロフト店(03-5458-3076)
・TORQUE 新宿ルミネエスト(03-3350-3667)
・TiCTAC 札幌ステラプレイス(011-209-5170)
・TiCTAC 仙台パルコ(022-774-8130)
・TiCTAC 柏高島屋ステーションモール(04-7148-2133)
・オンタイム 梅田ロフト店(06-6359-3205)
・TiCTAC グランフロント大阪(06-6359-2356)
・ルクアイーレ(06-6454-0309)
・大阪タカシマヤ(06-6631-1398)
・オンタイム 神戸ロフト店(078-272-6290)
——————————————-

写真/和田野 久 文/長谷川 剛 スタイリング/大西陽一

長谷川 剛さん
編集ライター
東京生まれ。クリエイティブ事務所「テーブルロック」所属。大学卒業後からメンズファッション誌を中心に、編集及びにライティングにて活動。現在は「LEON.jp」「AERA STYLE MAGAZINE」「GQ Japan」「Watch Navi」などのメディアに関わる。アール・デコやバウハウスにゆかりある家具や建築、それにデザイン全般に強い興味を持つ。

 

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ