WOOLMARK COMPANY

意外と知らない豆知識じゃないですか? 世界初の折り畳み傘メーカーって。ドイツ発の「クニルプス」がそれなんですが、なんとドイツ語の辞書で「knirps」って引くと「折り畳み傘」という説明がされているのだとか⁉︎ でも「畳める傘」って本当に素晴らしい発明ですから。折り畳み傘のない世界がかつてあったなんて……考えられませんよね。一年で一番傘が必要なこの時季、そんな“語れる傘”を持つ喜びに浸るのも一興ではないでしょうか。

—  BRAND —

Knirps / クニルプス

世界で初めて折り畳み傘を生み出したドイツ発の折り畳み傘ブランド「クニルプス」。1928年にドイツのハンス・ハウプト氏によって初めて考案された折り畳み傘の構想を、数年後に初めて商品化させたのが同ブランドです。母国ドイツでは「knirps」と辞書で引くと「折り畳み傘」と表記されていることからも、その実力と認知度の高さを知ることができます。また、デザイン面でも高い評価を獲得しており、ISDA賞やグッドデザイン賞を受賞しているほど。質実剛健なドイツらしいものづくりと見た目の美しさを追求する真摯な姿勢こそ、クニルプスが世界中で長く愛され続ける理由でしょう。

折り畳み傘のリーディングブランドが放つ“ザ・ベーシック” クニルプス MEDIUM DUOMATIC SAFETY T.220①

自動開閉機能を搭載した、使い勝手のいい定番の折り畳み傘がこちらのT.220シリーズ。今回ビギンマーケットでは、カラーバリエーションをプレーンなブラックとダークネイビーのほか、同色でさりげなく柄を加えたマットクロスの3種をご用意。どれもビジネスシーンでも遜色なく使えるベーシックタイプなだけに日々重宝することはマチガイなし! 今時季だと雨がいつ降ってくるかもわからないですし、常に持ち歩いておきたいものです。また、冒頭でも説明した通り「クニルプス」は折り畳み傘のオリジンブランド。そんなネタも男心をくすぐって離さないんですよね〜。

アルミ製の8本骨スタイル

本作はレギュラーモデルのため、作りも至ってベーシック。アルミ製の傘骨を8本用いた、軽さと丈夫さの両方を備えた一品です。つなぎ目やディテールにはスチールやグラスファイバーを用いることで取り回しやすく、親骨の柔軟性と耐久性に優れているため風にも強いんです。

開け閉め両方ともボタンでOK

自動開閉機能を用いたことで、手元の赤いボタンを押すことで開き、再度押すことで閉じます。ワンプッシュで開くのはもはや当たり前ですが、ワンプッシュで閉じてくれるのはかなり楽チン♪ この機能があれば電車の乗り降りや屋外から屋内への移動もスムーズです。

折り畳みだけどしっかり雨からカバー

開いた際の直径は約97cmで、ご覧のように成人男性でもしっかりと雨からカバーしてくれます。もちろんもっと大きいほうが荷物や足元までカバーできますが、そうすると折り畳みである携帯的な利点はないですからね。携帯性と実用性のちょうどいいところを探った結果、このサイズに落ち着きました。大人ですから、折り畳みは一本持っておきたいところ。せっかくなら折り畳みの本家を味わってみてはいかがでしょう? >>>詳しくはこちら

フックハンドルver.も展開中!

普通の傘と同じようにカーブさせたハンドルをご所望ならばこちらを。サイズや性能は先述のT.220シリーズと同様で、ハンドルを手にフィットするフックタイプにしています。ファッション性も優れていて、折り畳みでも開いてもモダンクラシックな雰囲気を醸し出します。

トラディショナルなデザインだから、どんなスタイルでも合わせやすい点もこのブランドの魅力。また、シャフトの不意な飛び出しを防ぐセーフティシステムも備えているため、安全に使用することが可能です。>>>「T.280」の詳細はこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ