シップス×Begin

緊急事態宣言も延長され、そこはかとない閉塞感が漂っています……(五輪も微妙な空気ですしね)。仕方のないことではありますが、せめてキモチだけは明るく、気楽にいきたいものです! ということでゆる〜い気分で着れちゃうスウェットはいかがでしょうか?

今回紹介するのは我々アメカジ世代にはドンズバなアメリカンスタンダードを体現する「RIDING HIGH/ライディングハイ」のスウェットシリーズ。ただでさえ、気張ることなくコーディネートができるスウェットですが、ココんちは糸から編み機、さらには“杢”の色にまでこだわったMADE IN JAPANが魅力♪ ヴィンテージ機や吊り編み機などを用いた作りの本格性に加え、ゆる〜いテンションのワンポイントロゴは遊び心も満点です。中でも今の閉塞感からちょっとでも開放できる気楽で着楽な逸品を3点セレクトしました。

ランディングハイのお“着”楽スウェット①FLOCKY PRINT CREW SWEAT

まずはベーシックなレタードクルータイプから。アメリカンスタイルよろしくなしっかりめの生地に、フロッキープリントでカレッジ調のレタリングをプリントした一品。通常のプリントとは違い、ベルベットのような立体感がいいアクセントになります♪ また、洗濯を繰り返すほどに少しずつ繊維が抜けていくことでヴィンテージのような風合いに変化していくんです!

着たらやみつき、トロッと裏起毛

保温性&肌触りバツグンの裏起毛がたまりません! 春先の肌寒い季節だって汎用性は言うまでもなしです。自宅で過ごす中でもキモチよくいられるのはポイント高いですよね〜。

モダンなサイジングで提案します!

ビッグシルエットが多い昨今ですが、そもそもリラックス感が強めなスウェットは大きめで着てしまうとちょっとだらしなく見えてしまったり……。そこで今作はジャストめでサイズ設定! またヴィンテージでは着丈が短かったり、アームが広かったりしますが、現代的なシルエットへと昇華させています。なので大人が着ても今どきでバッチリキマるスウェットなんです♪

カラーに合わせてロゴもチェンジ

カラバリは3色展開。それぞれフロッキープリントを施しており、色に合わせたユニークなテイストを表現しています。一見カレッジ調ですが、実は世界の都市名をあしらっている点もチャーミングではないです? >>>詳しくはコチラ

ランディングハイのお“着”楽スウェット②P&E CREW SWEAT

遠目で見るとキャッチーなプリントスウェットですが、近づいたら「オッ」となるのがコチラ。実はプリントの上にワンポイントの刺繍が入っているんです! なんとも手の込んだ、そして遊び心の効いたアクセントだとは思いませんか? 前出のスウェット同様、しっかりめの裏起毛生地と、ガゼットやリブの丁寧なあしらいも魅力的です。

職人によるハンドル刺繍を採用

近くに寄ってみるとその味わい深さがよりよくわかります。この刺繍ですが刺繍職人である中村和夫氏監修の元、今となっては希少な旧式のハンドルミシンを駆使して施されています。日本の職人が一点一点手作業で仕上げているというまさにこだわりの一手!

着ることが楽しくなる一着!

見た目のユニークさとこだわりまくりのディテールという組み合わせがこのブランド最大の特徴! いちアイテム取ってみてもやっぱり自分のモノにするならば、“語りドコロ”があることは重要なファクターであると思うんです(ズバリ)。着ることはあくまでもリラックスして、思う存分楽しむことができる一品かと!

他カラーもやっぱりチャーミング♡

こうやってバリエーションを並べてみるとひとつひとつ考えているなぁなんて感嘆してしまうものです。あ、ちなみに本モデルのロゴがARMY、PREPPY、CITYCAMPとファッションのテイストになっているのはお気づきですか? なかなかニクいアプローチですよね。このテイストでまとめるのもよし、あえて「違うじゃん」というミスマッチ感を楽しむのも面白いですよね。>>>詳しくはコチラ

ランディングハイのお“着”楽スウェット③EMBROIDERY PARKA

最後はお気楽なスタイルには欠かせないフーディ。ポイントとなるのは前後の絶妙な位置にアンバランスに施された刺繍デザイン! 無地よりもアクセントがあり、中央の大きなプリントよりもさりげない絶妙な塩梅にセンスがうかがえます。また、このマスタードカラーもコーディネートに春夏らしい彩りを与えてくれますよね〜。同様のデザインでオフホワイトも展開しているのでベーシック好きにはコチラもオススメ。

刺繍はやっぱり……職人仕事!

コチラの可愛らしい刺繍、(ここまでの流れでもうお分かりだとは思いますが……)日本の職人により一点ずつ手作業で仕上げられています! 本当にサボらないというか、大切にモノ作りをして届けたいという気概を感じさせてくれるブランドです。

首まわりのニュアンス作りも完璧♪

フーディと言ったらやっぱり見逃せないポイントは首まわりのニュアンス。変に華奢だったりヘタレてしまうとどうも気になったしまうのはアメカジ好きのさだめなのでしょうか……。その点、本作はしっかりとした生地感と、それに合わせた太めのドローコードの組み合わせに。この頼り甲斐ある首まわりのニュアンスであれば満足してもらえるハズです!

刺繍のバランスが絶妙です♪

シルエットは他2つと同様にモダンなジャストめでアプローチ。全体のバランスもよく、アウターとの重ね着にも重宝できそうですよね! ですが、このアイテムの本領発揮はやっぱり一枚で着たとき。刺繍の絶妙な配置による遊び心によって、ほらサマになっているでしょ〜。>>>詳しくはコチラ

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ