wook vol.8

ジャーナル スタンダード ファニチャー 勝山さんのカバンのナカミ

働き方改革で時間を有意義に使う
“仕事帰りの趣味アイテム”拝見!

お国の取り組みやリモートワーク拡充のおかげで、最近は平日にも余裕が生まれました。仕事終わりの余った時間を有効活用して趣味に打ち込むお洒落のプロも増加。趣味目線のカバンのナカミって、どんなもの?

趣味は「自転車」
ジャーナル スタンダード ファニチャー 勝山さんのカバンのナカミ

お香 LEDライト
(左)お香(右)LEDライト

リモートワークも次第に増えて、日によって仕事場を替える生活が習慣化してきたという勝山さん。

「自宅から近い職場に向かうときは、トートをカゴに載せてチャリ通してます」。そんな自転車での移動時に絶対欠かせないのがゴールゼロのLEDライト。

「ライトの代わりにアウトドアブランドのランタンをブラ下げる、というスタイルが周りのチャリ好きの間で流行ってたんですが、僕が行き着いたのはコレ。手のひらサイズで見た目も可愛いのに、超明るくて夜道も安心なんです」。

他にも鞄の中には自らを労る?ツールがギッシリ(笑)。「腰痛持ちのライフラインである湿布と、飯時のリフレッシュ度を高めるお香なんかも必ず持ち歩いてますね」。

 

小さめのトートに無理やり荷物を詰め込んでます

ャーナル スタンダード ファニチャー 勝山さんのカバンのナカミ
 

チャリ通に役立つアイテムもギッシリ搭載

ジャーナル スタンダード ファニチャー 勝山さんのカバンのナカミ

気分の上がる小物類は通勤ギアやエチケットツール以上に重要
チャリ通ギアのほかに、武蔵小山の人気店「みやがわスポーツ」のポーチや、アーティクル・ワンのサングラスも必ず持ち歩くそう。

勝山さんの愛用アイテム

GOAL ZERO ゴールゼロ ライトハウス マイクロ
「カラビナを使ってLEDライトをカゴに装着!」(勝山さん)

GOAL ZERO[ゴールゼロ]
ライトハウス マイクロ

山好きの間で大ブレイクし、市場ではプレ値化している名作LEDライトを、自転車のライト代わりに使っている。2800円(アスク)

お香とマッチのゴールデンコンビ
「リラックス効果を高めてくれる秘密兵器」(勝山さん)

お香とマッチのゴールデンコンビ

屋外で休憩中や食事中など、より深~くブレイクしたいときは、お気に入りのお香を焚いてリラックスしているんだそう♪
 

チャリ通の日常化に合わせて荷物もチェンジ

ジャーナル スタンダード ファニチャー プレス 勝山龍一さん
ジャーナル スタンダード ファニチャー プレス
勝山龍一さん

自宅近くの店舗に顔を出す頻度が増えたことで、よりチャリ好きに拍車がかかったという名物プレス。運動不足をチャリで補い中。


 
※表示価格は税抜き


[ビギン2021年2月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「“お洒落のプロ”のカバンのナカミ」の最新記事

チャリ好きなジャーナル スタンダード ファニチャー 勝山さんのカバンのナカミ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ