FILSON フィルソン

「一生モノ」という言葉がこれほど相応しいブランドは世界中探しても他にないでしょう。少々手荒に扱ってもびくともしない堅牢な作りといい、機能性を備えたデザインといい、末永~く愛用できて使い込むほどに味が出るアイテムばかり。ビギン本誌でも“森の住人の正装”ことマッキノー クルーザーやラギッドツイルのトートバッグなど数々の永世定番を紹介してきましたが、さすがは100年ブランド、懐の深さがハンパない! そのラインナップには意外と知られていない「こんなのあったの~!?」なアイテムがまだまだあるんです。アナタの知らないフィルソン・ワールドへご案内します。
 

まずはオサライ:フィルソンってどんなブランド?

FILSON フィルソン

今もアメリカのワーカーやアウトドアマンが愛用
1897年クリントン・C・フィルソン氏がワシントン州シアトルにて創業。「どうせ持つなら最上級のものを」をコンセプトにゴールドラッシュの労働者たちのためのウェアの生産を開始した。上質な天然素材を用い、タフさが追求されたプロダクトは米国の森林警備隊、ロガー、ハンター、冒険家など過酷な環境下で活動する人々から絶大な信頼を得ている。「MIGHT AS WELL HAVE THE BEST(どうせ持つなら最高のものを)」がブランドコンセプト。

アナタの知らないフィルソン①
“短丈”マッキノーがあるって知ってた?

FILSON フィルソン マッキノーウール フィールドジャケット

マッキノーウール フィールドジャケット

[POINT]
★今っぽく着こなしやすいブルゾン型
★ジップ式フロントのすっきりデザイン
★通常よりタフな26オンスのマッキノーウール

定番のマッキノークルーザーなら知ってるよって人でも、短丈バージョンが出ていたなんて初耳でしょ? 今っぽく着こなしやすい着丈に加え、フロントもジップ式ですっきり仕上がっているものの、鮮やかなバッファロープレイドや100%バージンのマッキノーウールは健在。それも通常より重厚な26オンスのウールメルトンが使われているため、保温性も耐久性もバツグンです! 5万7000円。

[CHECK]

ちなみに……
保温性最強のキャップ&ミトンは
かわいさも最強♡

FILSON フィルソン ダブルマッキノーキャップ マッキノーミトン

(右)ダブルマッキノーキャップ
最強の保温性を誇るキャップ。表地は26オンスのマッキノーウールで、裏地は中綿入りのキルティング、トドメにシープスキンの耳当てというまさに“被るマッキノークルーザー”。1万6000円。

(左)マッキノーミトン
ミトンも同じくマッキノーウールで、裏地のフリースや肉厚リブが保温性を高める。アイコンのバッファロープレイドはお洒落のアクセントとしても値千金だ。1万8000円。

アナタの知らないフィルソン②
“ON⇔OFF”プルマンバッグがあるって知ってた?

プルマン リップストップナイロン

[POINT]
★手持ち、ショルダー、リュックの3way
★1泊2日もイケる大容量
★仕事も休日も使えるオールブラック

「プルマン」とは1867年に開通したプルマン式列車の座席の下に収まるよう設計された旅行バッグのこと。ブランド史に名を刻むこの定番モデルが現代的にアップデートされていたんです! ボディはオリジナルのラギッドツイルから、軽くて頑丈な500デニールのコーデュラナイロンに変更。さらにショルダーハーネスが追加されたことでリュックとしても使え、3通りの持ち方が可能になったのだからこれは便利。しかも、ロゴまで真っ黒のオールブラックだから仕事も休日も使えますし、1泊2日の出張や旅行もOKの大容量と、とにかく使い勝手バツグンです。W46×H34×D23cm。4万3000円。

[CHECK]

ちなみに……
どこにでも吊り下げられる
トラベルポーチが超便利なんです


トラベルパック リップストップナイロン

グルーミンググッズやデジタルガジェットのバッテリーなどの収納に重宝するトラベルポーチ。フィルソンのソレならタフさも使いやすさも格別だ。ボディは頑丈さと防水性を併せ持つ500デニールのリップストップナイロンで、内側はメッシュのコンパートメントで仕切られている。ハンドストラップのほかに、さまざまなところに吊り下げられるようバックル付きのストラップが装備されているのもうれしいところ。W23×H15×D10cm。1万3000円。

アナタの知らないフィルソン③
“本気ワーク”服があるって知ってた?

FILSON フィルソン C.C.F. ボンバージャケット

C.C.F. ボンバージャケット

[POINT]
★耐摩耗性に優れた12オンスのコットンダックキャンバスのボディ
★アメリカ~ンなゆったりめサイズが逆に今どき
★作業着ゆえの大きなポケットも逆に今どき

フィルソンが作るリアル“作業着”があるって知ってました? それが、創業者のクリントン・C・フィルソン氏を称える“C.C.F.”ワークコレクション。頑丈さのみを追求した質実剛健ウェアなんですが……、お洒落なんだな、コレが! 例えばコチラ、アメリカ空軍の爆撃機の搭乗員が着ていたジャケットをモチーフにした一着は、耐摩耗性に優れた12オンスのコットンダックキャンバスのボディに、トリプルステッチとリベット補強によってひたすらタフネスを追求したワークジャケット。ではありますが、アメリカ~ンなゆったりめのサイズ感も相まって、着てみると(下の写真を見てね)なんか今っぽいでしょ? グローブを着用したままでも荷物を取り出しやすいよう大きめに設計されたフロントのハンドポケットなど、デザインより実用性を重視したディテールも逆に洒落てます。2万3000円。

[CHECK]

 
問い合わせ先/フィルソン トウキョウ ストア
☎ 03-6416-0768
https://filson.jp/


写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/押条良太(押条事務所) スタイリング/武内雅英(CODE)

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ