ん、ちょっと肌寒い……もう一枚着たいけど冬アウターにはまだ早い。そんな季節に最適なのが、マニュアルアルファベットのシャツコートです。昼夜の寒暖差がある今の時季ならロンTの上に。もう少し寒くなったらニットの上に羽織ったり。シャツ生地とはいえ作りはコートなので、アウターとして長く活躍してくれます。

そんでもって、①サッと羽織っておしゃれ、②サッと買いやすいお値打ち感。時間をかけて吟味する余裕もなければお財布にも制約のある昨今、この①と②両方を兼ね備えてるって、控えめに言って最高!だと思うんですよね。それに「時短」という意味では、何にでも合わせやすいデザインなのでコーディネートに悩む時間も短縮できちゃいます。時間もコストなわけですから、そう考えるとマニュアルアルファベットのコスパの高さってやっぱりすごい。と、改めて感心させられてしまった次第です。

フランス軍のオーバーコートをモディファイ YOKE SLEEVE SHTCOAT

フランス軍のオーバーコートをモディファイし、“MANUAL ALPHABET”らしい上品さを注入したシャツコートが到着。袖から肩のヨーク部分にかけて、一枚の生地で仕上げられているのが特徴です。縫いシワがボディの表情を立体的に見せてくれるので、無地ですがシンプル過ぎることはありません。

素材には、ブランドお馴染みのタイプライター生地を採用。パリッとしたハリのある質感に、製品染めによる柔らかい色合いが相まってクリーンな装いに最適です。またテフロンZelon™R3再生可能資源の非フッ素系の高耐久撥水加工を加えており、薄手のコットンコートながら、突然の雨にも耐えうる撥水性も確保しています。

カラバリはキャメル、スミクロ、カーキ、ベージュの4色をご用意。裏地がない一枚仕立てなのでお洗濯も可能、ロングシーズンで活躍してくれる1着です♪ >>>詳しくはこちら

どんなスタイルにも羽織ればキマるコーデの強い味方 GABERDINEOVERDYED SHTCOAT 2

コーディネイトに困った時、「アレを羽織ればいいや」って頼もしい一着、ありますよね? そんな存在にきっとなってくれるコートがコチラ。トレンチコートっぽくも着こなせるし、ミリタリー風にコーディネイトすることもできるのです。

しかも表地は非フッ素系の超耐久撥水加工済み。薄手のコットンではありますが、多少の雨なら弾いてくれます。だから梅雨の時期も安心。

カラーはスミクロ、ベージュ、カーキの3色展開。春秋はTシャツやシャツ上から羽織るだけでもキマるし、冬はインナーダウンを仕込んでも違和感ゼロですよ! >>>詳しくはこちら

定番アイテムが生地を変えて新登場 HIGH COUNT TWILL SHTCOAT

シャツ好きが唸る仕立ての良さが魅力で、着実にそのファンを増やしているMANUAL ALPHABET。戦後、服の生産工場が密集していた大阪市神路を本拠地に、熟練の職人たちが1着1着思いを込めてアイテムを作り上げています。そんなシャツメーカーが手がけるブランドの定番アイテム”シャツコート”が生地を変えこの度アップデート。“定番で人気”という事実に胡坐をかくワケでなく、時代の流れに沿って細かな修正を加えるそのユーザー目線のモノつくり精神に、流石としか言いようがありません。

綺麗な目面と自然なシワ感を楽しめるコーマ糸を使ったタイプライターツイルはとても上品で◎。いつものシンプルスタイルをワンランク上に押し上げてくれます。

またワークディティールが落とし込まれたポケットの形も実用性を高めるポイントの一つ。細めのパンツと合わせるだけで、ハズさないコーデが簡単に出来上がりますよ! カラバリはチャコール、グレー、こちらのコヨーテ、アーミーグリーンの4色展開です♪ >>>詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ