ビギン世代といえば若い時分はアメカジ全盛期だった人がほとんどでしょう。ですから、もはや“アメカジ世代”と言っても過言ではないハズ! なので当然ワークウェアは大好物といったところかと思います。ただ、時代は変わってくるもので、ゴリゴリ本格的なワークウェア、というのも少~し気分ではなかったりしますよね。モチロン我々も同じキモチ……。だから作っちゃいましたよ、今っぽいワークウェアを!

ってことで、今回お願いしたのがアメカジの名手である「サニースポーツ」。同ブランドが持つアメリカンワークなテンションはそのままに、モダンに着こなせるようオールブラックで仕上げています。ラインナップはこの季節必携なジャケット&シャツ♪ ヴィンテージウェアに基づくディテールと着こなしやすいブラックのマリアージュ、ぜひご堪能あれ!

– BRAND –

SUNNY SPORTS/サニースポーツ

 

 

2004年にスタートしたジャパンブランド。「リアルに感じてきたアメリカを表現したい!」という思いのもと、アメリカのユーティリティウェアをベースに現代的なエッセンスを加えたコレクションを展開。ヴィンテージディテールや縫製にこだわりつつ、その先のライフスタイルを見据えた服づくりを大切にしているので、時の流れや日常に馴染むウェアになっています。オトナが好む、そして長く愛用したくなるラインナップが魅力です。

SUNNY SPORTS/サニースポーツBegin別注 エンジニアジャケット

まず別注に選んだのがワークウェアの名作エンジニアジャケット。1960年代のヴィンテージをもとに、ノーカラーを採用して着丈や身幅も現代的に最適化したことで“今着たい”エンジニアジャケットとして仕上げました。風合い豊かな薄手のオックスフォード生地と、強度アップの鉄則である“3本ステッチ”の組み合わせがなんともたまらない表情を醸し出してくれます。本作はカラバリがなく潔いブラックオンリー。だからこそ、ワークウェアながらも野暮ったさを感じさせない、特別感のある別注アイテムとして世に放てるというワケ♪

カーデ感覚で羽織れる“ノーカラー仕様”

古き良き時代のエンジニアジャケットを踏襲したノーカラー仕様。でも、それが逆に今っぽい! 男くささを軽減し着回しの広いユーティリティさを意識しています。襟付きジャケットだともたつきやすいフーディの上に羽織っても首元はすっきり♪ 秋にはカーディガン感覚で、冬にはインナージャケットとして無双のレイヤード力を発揮してくれるハズです。

“スーピマコットン製”の風合いの良い生地

ボディにはスーピマコットンを使用したオックスフォード生地を採用。アメリカンワーク由来のざらつき感のあるタフなイメージを持ちながらも、重たく感じさせない軽快さを兼ね備えています。ガシガシとたくさん着ることで経年変化を一層楽しむことができそうです♪ この素材に古き良き“猫目ボタン”が鎮座している点も見逃せません!

計算されたシルエットだから着回し力、高し!

無骨なワークウェアらしいボクシーなシルエットがベースながら、着丈や身幅をややコンパクトに設計したことで今っぽい仕上がりに。この計算されたシルエットにより軽く羽織っただけでサマになるんですね〜。また、この着丈なのでさらに上からブルゾンやコートを羽織ってもバランスがとっても取りやすいんです♪ せっかくならモノトーンでシックにまとめたいものです。>>>詳しくはコチラ

SUNNY SPORTS/サニースポーツBegin別注 バンドカラーシャツ

続いてはさらに出番が多いシャツ! 簡単に説明しても「1930〜40年代のヴィンテージディテールを取り入れたシャンブレー素材のバンドカラーシャツ」、とまぁ噛まずに言うのも難しいくらいにこだわりにこだわった一品なんです。見た目にもアリでしょう、いや大アリでしょう! しかもこの生地、旧式織機で仕立てられたシャンブレーで部位ごとに異なる番手の糸で縫製するなど本当に仕事が細やか。シルエットは今っぽくワイドにしたことで、ラフでリラックスした雰囲気を醸すワークシャツが完成したのであります♪

“ヴィンテージディテール”に男心をくすぐられる

胸元には1930〜40年代に見られたペンホルダー付きポケットとシガーポケットをオン! 古き良きヴィンテージ感、みなさんお好きですよね? 一手こういったディテールが載るだけでワクワクし始めてしまうのはアメカジ世代の“性(さが)”なのでしょうか。オールブラックにすることでコテコテ感もなく、自然に着こなすことができますよ。

ワーク感あふれる細やかな意匠にもこだわりあり

昔ながらのワークシャツに見られる「マチ(=前後に裂けないように施された三角状の補強布)」や「空環仕上げ(=最後の糸を切らずにそのままにしている)」を施すなど細部に至っても本当に仕事が繊細です。当たり前ですが現在は技術も進化しているのでこういったディテールは機能として不要なワケですが、「ポケットもこだわるなら当然細部も……」というものづくりへの意気込みを感じてもらえるハズです。

ゆったりと着こなすことでオトナの余裕を発揮!

細部にまでとことんこだわったヴィンテージディテールと、バンドカラー&ワイドシルエットの今っぽさがそれぞれの魅力を放ちつつ融合したことでオトナのための“ゆるシャツ”が完成しました。温故知新なシャツは、ある程度年齢を重ねた今だからこそ似合うってもの! サラッと一枚で着こなして、若者たちから羨まれる年の重ね方を見せつけてやりましょ♪ >>>詳しくはコチラ

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ