アーバンリサーチ

mono_1705_bb02_m

ラコステ×エディフィスのポロシャツ

ここ数年ジワジワ注目度が増し、今季本格的にブレイクの兆しが見える開衿シャツ。本格的な春に向かう時季とあって、これから多種多様なブランド&ショップが開衿シャツを解禁し、巷で見かける機会も多くなりそうです。

……が、そんな群雄割拠の開衿シャツ戦線にあって、編集部員が“これぞ開衿賞!”と興奮させられたのがコレ!

フランスの名門ラコステと、フレンチものを得意とするエディフィスのコラボシャツです。まず凄いのは、ベースにポロシャツの始祖「L.12.12」を採用してるってとこ!

持ち前のエレガントなシルエットやスーピマ綿製の鹿の子生地といった、傑作ポロのDNAはしっかり継承しつつ、前立てを排して開衿のフルオープン仕様にアレンジしてるんです。ユルいのに気品があって希少性まで高い、まさに賞賛ものの開衿シャツ。旬度も高いワケだから、一着備えておけば今季フル活躍してくれますよ!……カイキンだけに(苦笑)。

 

mono_1705_bb02_03

運動性と愛らしさが同居するバタフライ“風”スリット

裾の両脇にもL.12.12の遺伝子がチラリ。本家のバタフライスリットとは仕様が若干異なるものの、運動性と見た目の愛らしさを両得できるように深さや角度をミリ単位で設計しているのだ。

 

開けて「今どき」に閉めて「品あり」
最上部のボタンを留めてももちろんOK。開いて開衿シャツ特有のユル~い雰囲気を醸してもよし、留めて品行方正な印象を与えるもよし。気分に合わせてアレンジ可能だ。

mono_1705_bb02_01
mono_1705_bb02_02

 

ラコステが誇る永世定番ポロ「L.12.12」を、エディフィスが開衿シャツに大胆アレンジ! 洗練されたシルエットや、お馴染みのコットン鹿の子生地はそのままに、袖口のリブや前立てを排すことで、開衿シャツ特有のユルさと品のよさを兼備。ネイビー、ブラック、ホワイトの3色展開。1万4000円。

(問)エディフィス 新宿
TEL.03-5366-5481
http://edifice.baycrews.co.jp/

※表示価格は税抜き

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ