Levi's リーバイス 501 66前期モデル

改めて探してみたら……“最後の”タテ落ち66前期モデルも意外と手が届くでしょ?

流行に左右されず歳をとっても安心して使える、普遍で不変なモノを“ベーシック”と呼ぶならば、その筆頭は迷わずリーバイスの501でしょう。とりわけベーシックの頂点たるヴィンテージの501は、絶対的な存在として昔も今も服好きを惹きつけてやみません。

でも、さぞかしお高いんでしょ? ……なんて心配ご無用! 改めて探してみると、例えば“最後のヴィンテージ”と呼ばれる66前期モデル(1973~’78年に製造されたモデル)であれば、グッドサイズ&グッドコンディションであっても意外と手の届く金額で見つかるんです。

これより古い年代では相場も上がり、1978年以降の66後期モデルではヴィンテージの醍醐味である“タテ落ち”が期待できません。

ヴィンテージデニムの魅力を存分に味わえる写真の一本で3万円台が現在の適性相場。これなら普通に穿けるでしょ? 

ヴィンテージの名店、ベルベルジンの藤原 裕さん曰く「66以前のモデルに比べてまだ玉数があるので、自分に合う一本が見つかるはず」とのことですが、年々少なくなる一方なので、このプライスゾーンで買えるのもおそらく今のうち。

むしろ10年後や20年後には、さらに“価値あるベーシック”になることは間違いありません。いつの時代も変わらない、偉大なるグッドプライス代表です。

Levi's リーバイス 501 66前期モデル
35,800円

Levi’s[リーバイス]
501 66前期モデル

501のなかでも1973~’78年頃に生産された、通称「66(ロクロク)前期」モデル。それ以降はタテ落ちが見られなくなるため、“最後のヴィンテージ”とも言われる。ベルベルジンでは常時10本程度をストック。写真の一本はW31×L29インチ。(ベルベルジン)

 

ロットナンバー上部のスタンプが「66」の特徴

Levi's リーバイス 501 66前期モデル
写真の個体では消えかけているが、ロットナンバーの上に押された「CARE INSTRUCTIONSINSIDE GARMENT(製品内に取り扱い表示)」のスタンプが当時の特徴。

Levi's リーバイス 501 66前期モデル
66モデルではトップボタン裏に「6」と刻印されているものが多い。これは工場番号といわれており、「6」はテキサス州のエルパソ工場を示す。

Levi's リーバイス 501 66前期モデル
当然セルビッジ付き。

Levi's リーバイス 501 66前期モデル
内タグの3行目の数字は、製造された月年&工場を示し、こちらは「356」=1975年3月6番工場での生産を指す。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ