Begin wook vol3 配信

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

最もドレッシー&万能のスーツといえば、紺無地のそれ。時代に流されず最大限に着回すためにも、真面目な一着を選びたいものです。チェックすべきはこちら!

一生時代に流されない“真面目なネイビースーツ”を見極める

最初に買うべき本格スーツは?という疑問に対する回答となるのが、無地のネイビースーツ。

紺無地の持つ清潔感や誠実な印象は、ビジネスにおける最強の武器。華やかなシーンにも映えますし、最初にイイものを一着買っておくのは最も理に適った判断です。

その際、万能性を最大限に活かし、長きにわたり着るためにも、選ぶべきは真面目なネイビースーツ(ボタンホールが水色とか、絶対ダメ!)。ポイントを押さえ、理想の相棒をゲットしましょ♪

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

SHIPS[シップス]
3B段返りスーツ

繊維の細い上質なスーパー130’sウール原毛からなる、ロロ・ピアーナ社の通年梳毛生地「フォーシーズンズ」を使用。奇をてらわない、王道の一着だ。8万4000円。(シップス 渋谷店)

CHECK POINT

基本に忠実なディテールこそ、シーンを選ばず着回せ、長きにわたって着用できるカギ。以下の項目をチェックしよう。
 

シーンも季節も不問!な濃紺無地のツイル

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

ドレッシーな場での着用も考えると、最も汎用性が高いのは濃紺無地である。とりわけツイル(綾織り)地は強度に優れ、季節を問わず着られるものが多い。
 

クラシックな3つボタン段返り

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

2Bがダメではないが、よりクラシックで普遍性が高いのがこちら。上のボタンはラペルの形状に合わせて返るため、留めないで着るのが正解なのだ。
 

行き届いた配慮が宿るポケット脇のDカン

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

負荷がかかるポケットの端を補強するべく施されるのが“D”型のかんぬきステッチ。地味な意匠に見えるが、このひと手間が長年の愛用を後押しする。
 

ゴージラインの角度が肩線と平行だと美しい

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

カラーとラペルをつなぐ線をゴージラインといい、その角度も表情の要だ。これが肩線と平行に並ぶのが最も基本的で、バランスも◎。
 

ス~ッと吸い付くように首回りがフィットする

SHIPS シップス 3B段返りスーツ

首回りを富士山型にせり上がる線を「のぼり」という。ここが首へ吸い付くようにのぼっていることが、丁寧なアイロンワークの証明だ。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年5月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「スーツスタイルの超基本」の最新記事

選ぶべきは真面目なネイビースーツ。ポイントを押さえ、理想の相棒をゲットしましょ♪

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ