大自然へと誘う香りで心うっとり&保湿成分の働きで肌しっとり

1910年に和歌山県海南市で創業した紀陽除虫菊(きようじょちゅうぎく)が、去る12月20日に発売した「バス・オブ・グレート・ネイチャー」。一見すると化粧品か芳香剤のようですが、じつはコレ、バスオイル。ボトルの中で2色になっているのは、オイルと水が2層に分離しているからです。

ラインナップは3種類。ブルーの「オーシャン」はスクワラン&ホホバオイル配合、グリーンの「フォレスト」はアルガンオイル&月見草オイル配合。そしてレッドの「サファリ」にはマルーラオイル&シアバターと、肌に潤いをもたらす2種類の天然保湿成分がそれぞれ配合されています。

冬場は脛に粉が吹いたり、背中が痒くなったり……と、肌が乾燥しがち。しかも、湯に浸かると皮脂や角質層の保湿成分が流出するため、とりわけ風呂上がりの肌は乾いています。入浴剤を入れれば防げるようにも思えますが、実は、一般的な入浴剤は体を温めることを第一に作られているので、保湿の働きが不十分だったり……。ということで、保湿効果がより高いバスオイルがベター。なかでも本品は天然保湿成分入りゆえ、乾燥肌対策にもってこいなのです! 

しかも「オーシャン」は「アトランティックオーシャン」、「フォレスト」は「グリーンフィトン」、「サファリ」は「エキゾチックウッディー」と、いずれも商品名どおりの“グレートネイチャー=大自然”にいざなわれるかのような心地よい香りも本品の魅力。目を閉じれば心うっとり&風呂上がりは肌しっとり。使って&浸かってみればコレ、わかります。

よく振って2層オイルを混ぜ合わせたうえで、湯に入れ(適量は180~200Lの湯に対して30ml程度)かき混ぜると、湯色がブルー、グリーン、あるいはレッドの乳白色に変化する。
紀陽除虫菊のバス・オブ・グレート・ネイチャー
内容量:各150ml(約5回分)
種類:3種類(「オーシャン」「フォレスト」「サファリ」)
価格:各1200円
製造国:日本

問い合わせ先/紀陽除虫菊 TEL.073-492-0010
http://kiyou-jochugiku.co.jp

※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ