キツイ・かっこ悪い・キケンの3Kを克服するトレッキングアイテム

「無駄のない装備が体の負担を減らす鍵 」
ージャーナル スタンダード レリューム マネージャー 松尾忠尚さん・談

心も体もリフレッシュするトレッキングは、週末レジャーとして最高です。なのにいまだ最初の一歩が踏み出せないという人は多い(笑)。たぶんそれは “キツイ、カッコわるい、キケン”という、いわゆる登山の3Kイメージが邪魔してるからだと思うんです。でもギア選びにこだわることで、この3Kはかなり克服できるんです。

たとえば登山に欠かせないザックは、ミステリーランチの「クーリー25」なんていかがでしょう。同ブランドというと、モノにこだわるビギンくんはミルスペックの3デイアサルトや後継の3デイアサルトCLに目がいくと思うんですが(笑)、初心者の日帰り用としては大きく、オーバースペックぎみ。7万円以上とお値段も張りますしね。

対してコイツは25リットルと丁度いいサイズ感で、背負った感じも軽快。それでいて外装に4つのストレッチ素材のポケットを配し、無段階に背面長を調節できるシステムで肩や腰の疲れも軽減と、登山に最適な機能を装備。街中で使いやすいクールなデザインもお洒落心を満たしてくれるでしょう。

というわけで、カッコINザックの予算を3分の1以下にカットし、そのほか脱3Kを叶える装備も必要最低限に留めました。

とはいえ、頑張った自分へのご褒美くらいは用意しておくといいですね。そういう意味では、スノーピークの「ギガパワーストーブ」がおすすめ。絶景を眺めながら、山頂で飲むコーヒーは格別ですよ~!

1.山でも街でも大活躍! 二刀流の大ダイコク谷柱で道中もラックラク♪

ミステリーランチ クーリー25

MYSTERY RANCH[ミステリーランチ]
クーリー25

ギアの出し入れが容易な3ジップアクセスを採用しつつミニマルなデザインに。背面長を無段階調節できるフォーチュラヨークシステムを搭載。腰ベルトは取り外し可能だ。W27×H56×D30cm。2万2000円。(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店)

2.突然の風雨に備えるはりんご1個分のシェル

ザ・ノース・フェイス クライムライトジャケット

THE NORTH FACE[ザ・ノース・フェイス]
クライムライトジャケット

防水・防風性に優れるのに、軽量ゴア素材を使用したことで重さ僅か270g! 付属サックにコンパクトに収納。3万円。(ザ・ノース・フェイス マウンテン)

3.山岳レースでも重宝される超軽快フットワーク

ホカ オネオネ スピードゴート3 WP

HOKA ONE ONE[ホカ オネオネ]
スピードゴート3 WP

レースでも着用率の高い名作トレラン靴に防水機能を追加。超軽量ながらメガグリップソールが高いグリップ力を発揮。2万円。(デッカーズジャパン)

4.速乾ボディに遊び心をプラス

バンブーシュート 速乾 SONS OF VALLEY

BAMBOO SHOOTS[バンブーシュート]
速乾 SONS OF VALLEY

汗で体が冷えるため、登山に綿100%TシャツはNG。とはいえ高機能でお洒落なのは……と諦めていた人にオススメ。速乾素材のものには珍しくポップなグラフィックをプリント。4500円。(バンブーシュート)

5.山でもストリート♪ な高機能キャップ

エルドレッソ×エアウォーク OLLIE MAN CAP

ELDORESO×AIRWALK[エルドレッソ×エアウォーク]
OLLIE MAN CAP

ストリートな配色や色使いが人気のブランドとヨコ乗り系がコラボ。吸水速乾素材を使うなど機能性もバツグン。6400円。(アールディーズ シブヤ)

6.米・アウトドア業界の権威が認めたミニマムストーブ

スノーピーク ギガパワーストーブ地

SNOW PEAK[スノーピーク]
ギガパワーストーブ“地”

米国の権威あるアウトドア雑誌でEDITORS CHOICEを受賞した名作ストーブ。コンパクトだが4本のゴトクがケトルなどをガッチリ支える。ちなみにマグはチタン製で70gと超軽量。セットでぜひ揃えて。ストーブ4500円、マグ2280円。(以上、スノーピーク)

7.お手頃な定番コンパスで地図アプリに頼らない

スント コンパスA10

SUUNTO[スント]
コンパスA-10

じつはスントは元々コンパスメーカーで、こちらはロングセラー。地図アプリもいいが、故障や電池切れの心配のない地図とコンパスをザックに忍ばせておくと心強い。1800円。(スント カスタマーサービス)

8.小型&軽量で携行しやすく、もしもの事態にも安心

ブラックダイヤモンド コズモ225

BLACK DIAMOND[ブラックダイヤモンド]
コズモ225

照度はアップしつつ、サイズはダウンさせた人気モデル。日帰り登山でも万一に備えて必需。3300円。(ロストアロー)

9.薬品用がルーツだから一滴たりとも漏らさない

ナルゲン 広口1.0リットル Tritan

NALGENE[ナルゲン]
広口1.0リットル Tritan

ナルゲンは化学研究用の容器メーカーとして出発。だから密閉性がすこぶる高いのだ。熱湯を注いでもボトルごと凍らせてもOK(キャップは冷凍不可)。1850円。(ハイマウント)

10.ザック内外でポップに目立ち非常時もサッと取り出せる

グラナイトギア
もしものときに備えて、応急手当用品も揃えておく(写真は一例です)

GRANITE GEAR[グラナイトギア]
ファーストエイドエア ポケット

薄くて軽い30Dのコーデュラナイロンを使用した救急ポーチ。付属のループでザックのベルトなどに装着可能(応急手当用品は付属なし)。2000円。(ヴァーテックス)
 

予算相場12万円が…9万8630円でカッコIN!

予算相場12万円が…9万8630円でカッコIN!
 

絶景を眺めながらの一杯はいつもの100倍ウマいっ!

ジャーナル スタンダード レリューム マネージャー 松尾忠尚

ジャーナル スタンダード レリューム マネージャー
松尾忠尚

夏はトレッキングにキャンプ、冬はバックカントリーと一年中山遊び。子煩悩でもあり、帰りを待つ子供たちのもとへ早く下山すべく、安全にかつ軽量&必要最低限の装備で登山を楽しむ。

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「カッコIN同好会」の最新記事

キツイ・かっこ悪い・キケンの3Kを克服するトレッキングアイテム

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ