e-Begin読者にもバイク好きがけっこういると思いますが、皆さんどんな服着て乗ってます? とくに夏場は悩みどころ。暑いからってまさかTシャツ一枚でバイクに乗るわけにいかないし、なかなか難しい問題ですよね? そこで今回、大御所スタイリストにして生粋のバイク乗りである青柳光則さんの指南の下、大人の夏ライダーズ・スタイルを考察。Vol.1ではファション性と安全性を両立した、今ドキのお洒落ライダーにおすすめの3ブランドをご紹介します。なおVol.2ではBegin本誌でもお馴染みのド定番服でバイカーズ・スタイルを提案していますので、併せてお楽しみくださいませ。

ファッション目線の大人の夏ライダーズ・スタイル!
シンイチロウ アラカワのレザージャケット価格未定。(問)シンイチロウ アラカワ TEL.03-6427-4520 マックスフリッツのパンツ1万6000円。(問)マックスフリッツ本店 TEL.03-5671-6335 ロアーズオリジナルのスニーカーブーツ6万8000円。(問)ロアーズオリジナル TEL.03-6434-0961 バイクを含めその他はスタッフ私物

ファッション・ディレクター 青柳光則さん

伝説の「男子専科」編集部を経て独立後、スタイリスト、ライター、エディターとして幅広い分野で活躍。近年は着こなしの“師範代”としてメンズファッションに関する講演も多数。著書に『男のお洒落道・虎の巻 The Wearing Bible for Gentleman』(万来舎)あり。

ファッション性と安全性を両立したライダーズウェアってないの?

スタイリスト青柳光則さん

「“マックスフリッツ”“ロアーズオリジナル”“シンイチロウ アラカワ”から選べば間違いありません!!」

機能性や安全性を考慮するなら、本格的なライダーズウェアブランドから選ぶのが一番でしょう。パンチングレザーで通気性を高めたり、吸湿速乾素材を用いたりと、夏場のライディングを涼しくしのぐための工夫もなされています。ただそれがお洒落かどうかというと……ちょっぴり疑問(汗)。プロテクターでイカつかったり、ブランドロゴが背中でデカデカと主張していたりと、バイクに乗ってるときはよくても、街中を散策したりするときに浮いちゃうんですよね。
「おやおや、勉強不足ですね。一体いつの話をしてるんですか(笑)。お洒落感度の高い大人のバイク乗りが増えるに従い、最近はファッション性と安全性を高次元で両立したライダーズウェアが登場しているんですよ。その御三家的存在が、“マックスフリッツ”“ロアーズオリジナル”“シンイチロウ アラカワ”。こういうところのアイテムを上手に取り入れてスタイリングすると、たとえばツーリング途中にお洒落なカフェを訪れてもまったく違和感ないでしょう。というか、むしろカッコいいはず。ちなみに今記事の扉カットでは三者のアイテムをMIXしてみましたが、もちろん全身一つのブランドでまとめてもキマリます。以下各ブランドでこの夏のおすすめのコーデを組んでみたので、ぜひ参考にしてください」(青柳さん)

マックスフリッツ

マックスフリッツのライダーズジャケット3万7000円、同パンツ1万6000円、同グローブ1万2000円、同ブーツ4万4000円。以上(問)マックスフリッツ本店 TEL.03-5671-6335 その他はスタイリスト私物

スタイリスト青柳光則さん

「“バイク乗りの普段着”がコンセプトのお洒落ライダーズウェアの先駆にして定番」

「ここが登場してから日本のバイク乗りは随分お洒落になった」と青柳さんが絶賛するマックスフリッツは、2000年にデビュー。自身バイク乗りであり、旅の道具として親しんできたデザイナーの佐藤義幸氏は、バイクを降りたときに街に溶け込むことができるウェアがないことを痛感。そこで自らブランドを作ることを決意したのです。「オーナーにしてデザイナーの佐藤さんは、かつては日本のいろんな有名ブランドのパターンを引いていた人。だからここのウェアはとてもパターンが優れていて、スマートなシルエットながら抜群に身体が動かしやすいのがいい。前傾のライディング姿勢を取っても窮屈じゃありません。ヨーロッパの古いライダーズウェアをよく研究なさっているようで、そこにミリタリーやアウトドアの要素を巧みにミックスしたようなデザインもいいですね。普遍的な美しさがあり、幅広い世代におすすめできます」(青柳さん)

以上(問)マックスフリッツ本店 TEL.03-5671-6335

 

ロアーズオリジナル

ロアーズオリジナルのパーカ(肘、肩、背中にプロテクター付きの価格)5万2000円、同パンツ3万2000円、同グローブ1万8000円、同スニーカーブーツ6万8000円。以上(問)ロアーズオリジナル☎03-6434-0961 その他はスタイリスト私物

スタイリスト青柳光則さん

「今最もエッジィなバイクウェア!
フレンドリーな価格も嬉しい」

ロアーズオリジナルについて、青柳さんは「今最もエッジィな国産バイクウェアかもしれない」と講評。確かに上の写真なんか、ストリートとモードがバランスしたようなスタイル。フランスをはじめ最近ヨーロッパのライダーたちから注目されているというのも納得です。
「ここはもともと仙台でアパレルブランドとして出発し、2007年に東京に進出。今は西麻布に本拠を置き、モーターサイクル、ファッション、アートの融合を目指して刺激的なアイテムを提案しています。レザーのライダーズも名作揃いですよ。パッドやシャーリングなどのディテールが効いて少しモードなデザインですが、なめしにこだわったレザーを使い、自分たちで縫製しているせいか、クラフト感もしっかり感じられる。ただ夏に着るにはちょいと暑いので(笑)、今回は“ロクヨン”素材の2トーンジャケットを軸にコーディネート。このパーカ、なんとレーシングウェアを手がけるヒョウドウ プロダクトとのコラボ作で、同社が扱う高性能なプロテクターを仕込みながら、シルエットはスマート。後ろ身頃の肩甲骨部分をニットで切り替えているのですごく快適な着心地です。しかもこちら、衿に内蔵したフードを引き出せば、そのままマウンテンパーカのようなデザインに。凝った作りの割に値段もフレンドリーですし、街中ウェアとしても非常に優秀な仕上がりではないでしょうか」(青柳さん)

以上(問)ロアーズオリジナル TEL.03-6434-0961

 

シンイチロウ アラカワ

シンイチロウ アラカワのメッシュブルゾン2万8500円、同デニムパンツ2万5600円、同グローブ1万8000円。以上(問)シンイチロウ アラカワ TEL.03-6427-4520 その他はスタイリスト私物

スタイリスト青柳光則さん

「走りもお洒落もピュアに
追求するライダーにおすすめ」

シンイチロウ アラカワについて「お洒落感度が高く、走りにも妥協したくないライダーにとくにおすすめしたい」と青柳さん。
「フランスとイギリスで服飾デザインを学び、1993年にパリコレクションでデビューした、バリバリのファッションデザイナーの荒川眞一郎氏が立ち上げたブランド。ホンダのアパレルラインとのコラボレーションをきっかけに、2007年からバイクウェア専門に舵を切ったんです。都会的でモードなテイストもある美しいデザインもさることながら、ご自身が根っからのバイク乗りのせいか、早くからプロテクション性能も考慮した上質なウェアをリリースしているのがここの魅力。SRなどのテイスティ系バイクからスーパースポーツ系のバイクにも馴染むお洒落なライディングギアってなかなかないのですが、ここはそれを叶えてしまった稀有な存在です」(青柳さん)

以上(問)シンイチロウ アラカワ TEL.03-6427-4520

※表示価格は税抜き

Vol.2ではBegin定番アウターでコーディネートを提案!


写真/植野 淳 文/吉田 巌(十万馬力) スタイリング/青柳光則 ヘアメイク/北村達彦

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ