疲れた心とカラダをリカバリーするってことにかけては、やっぱりお一人様用のパーソナルチェアが一番! ファミリーにはサブ、一人暮らしならメインと、使い方もチョ~多彩。愛用者の声とともにイチオシパーソナルソファを厳選しました。
 

「ズシッと沈み込むから立ち上がるのに一苦労(笑)」

アクメ ファニチャー プレスの勝山龍一さん
アクメ ファニチャー プレス 勝山龍一さん

“直感的にカワイイ!と思う”、というのがモノ選びの基準なんですが、これは即決でしたね。“籐(とう)”とも呼ばれるラタン素材は、古くから日本の家具にも使われていただけあって、不思議と部屋に馴染んでくれる。

脚部が抜けてるから矮小空間に置いても圧迫感を与えないし、体を包み込んでくれるような形状もリラックス効果を高めてくれます。

一人でその日のプロ野球ハイライトをの~んびりテレビで眺めてるときが、最高に幸せな瞬間ですね(笑)。(勝山さん)
 

ACME Furniture アクメ ファニチャーのウィッカー イージー チェア

ACME Furniture
アクメ ファニチャー
ウィッカー イージー チェア

2014年にリリースされ、マイナーチェンジを加えながら継続展開されている人気チェア。本体と脚を分離できるため、好きな角度に調整できるのもパーソナルたる所以。Ø110×H83cm。7万7760円。(アクメ ファニチャー 渋谷店)

ACME Furniture アクメ ファニチャーのウィッカー イージー チェア

パーソナルソファ選びのポイント
 
☑ 座面高が低いほうがリラックスできる
☑ 置いてあるだけでインテリアとしてサマになる
☑ 軽くて動かしやすいことも重要

 

部屋をコク増しするヴィンテージ風デニム

ジャーナル スタンダード ファニチャーのロデチェア 1シーター ダメージデニム

journal standard Furniture
ジャーナル スタンダード ファニチャー
ロデチェア 1シーター ダメージデニム

同社看板チェアとして、不動の人気を誇るデニム地版。座面が低くてゆったりくつろげる形状はそのままに、ヴィンテージライクなデニムが部屋をコク増し。W70×H350~640×D80~116cm。6万4800円。(アクメ ファニチャー 渋谷店)

ジャーナル スタンダード ファニチャーのロデチェア 1シーター ダメージデニム
 

誕生50周年の節目にあの傑作が黒一色に!

カリモク60のロビーチェア 1シーター

カリモク60
ロビーチェア 1シーター

1968年に開発された、傑作チェアの50周年記念モデル。シックなモケットブラックカラーは、部屋をグッとモダンな雰囲気に。(※受注期間は3月31日まで) W75×H73×D78cm。6万8500円。(カリモク家具)

カリモク60のロゴ
 

小ぶりでも存在感◎な有機的フォルム

イデーのミニ ミラー アーム チェア

IDÉE
イデー
ミニ ミラー アーム チェア

体を包み込む流線形フォルムは、座り心地抜群にして見た目もすこぶるセンスフル! 1/3畳ほどのコンパクトサイズながら、部屋をミュージアム化してくれること請け合い。W60×H55×D67cm。6万4000円。(イデーショップ 自由が丘店)

イデーのミニ ミラー アーム チェア
 

背もたれも頭部も好みの角度に調節できる機能派

無印良品のハイバックリクライニングソファ

無印良品
ハイバックリクライニングソファ

自在なリクライニング(ヘッドレスト部も!)で深いポジション取りが可能。粉砕したウレタンとポリエステルわたをクッション材に使い、ふっくらした座り心地に。カバーは別売り(全36種類)/1万7500円。W74×H66.5~89.5×D114~134.5cm。(無印良品 池袋西武)

無印良品のハイバックリクライニングソファ
 

木材加工のプロが作る一人椅子の模範

天童木工のイージーチェア

天童木工
イージーチェア

機能美を極めたシンプルフォルムながら、ホワイトビーチとチークという2種類の木材を適所に使い分けることで洒脱な雰囲気に。深く&快適に腰掛けられる考え抜かれた座面の角度も絶妙。W63.9×H71.5×D70.5cm。9万7000円~。(天童木工)

天童木工のイージーチェアの肘掛け
 

レトロにもモダンにも振れる無二のデザイン

MARUNI60 マルニ60のオークフレーム ハイバックチェア

MARUNI60
マルニ60
オークフレーム ハイバックチェア

1960年代に作られていたリビングチェアをモダナイズした同社の人気シリーズ。背もたれが高く、体を包み込む羽毛クッションは安定感抜群。腕にナチュラルに沿う肘掛けの角度も秀逸だ。W65.5×H86.3×D78.5cm。9万2000円~。(マルニ木工)

MARUNI60 マルニ60のオークフレーム ハイバックチェアの肘掛け
 

アクメ ファニチャー プレスの勝山龍一さん

アクメ ファニチャー プレス
勝山龍一さん

仕事柄、インテリアには星の数ほど触れてきたチェア賢者。小学5年の一人息子のパパとしての顔も持ち、家族にもウケがいいチェア選びにも精通している。帰宅後、パーソナルソファに鎮座してスポーツニュースを見るのが日課とか。

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年5月号の記事を再構成]写真/船元愛美(プルミエジュアン) 文/黒澤正人

特集・連載「10万円以下のナイス(椅子)!なチェアカタログ」の最新記事

体がすっぽりハマる♡ もうパーソナルソファから抜け出せない!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ