クラシックシェル×デニム

王道のマウンテンパーカはデニムだと野暮ったくなりがち。デニムでオシャレに……ってなると、やっぱりハードルが高い。なんとなくやり過ごしてたそこんとこ、コーディネート見本で解決します!

王道マウンパは鉄板のアメカジを上品に着る
シエラデザインズのマウンテンパーカ×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

シエラデザインズのマウンテンパーカ×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

クラシックシェルの王道、マウンパは正攻法のアメカジを駆使しつつ、ヘビーデューティ感を薄める点を心掛ける。都会的なリジッドスリム、トップスから足元をネイビートーンで揃えると、レトロスマートなコーデが完成。

レトロスマートなコーデが完成

モデル着用/アー・ペー・セーのプチニュースタンダード2万円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) シエラデザインズのマウンテンパーカ4万2000円(アリガインターナショナル) ポロ ラルフ ローレンのニット3万5000円(ラルフ ローレン) エンジニアド ガーメンツのシャツ2万9000円(エンジニアド ガーメンツ) エル・エル・ビーンのブーツ2万1000円(L.L.Bean カスタマーサービスセンター) ルノアの眼鏡3万7000円(ザパークサイド ルーム)

1UPテク!

裾出しでラフさを醸しつつ同トーンで品よくまとめる
裾出しでラフさを醸しつつ同トーンで品よくまとめる

 

骨太アメカジをアク抜き!
ザ・ノース・フェイスパープル レーベルのジャケット×クロのディアマンテ

ザ・ノース・フェイスパープル レーベルのジャケット×クロのディアマンテ

ノースのマウンパも、ウールベストとレッド・ウィングでアメカジ好きのテイストを踏んでよし。ただテーパードの利いたデニム、上品タートルで都会的にブラッシュアップ!

モデル着用/クロのディアマンテ2万3000円(クロ ギンザ) ザ・ノース・フェイスパープル レーベルのジャケット3万3000円(ナナミカ マウンテン) エンジニアド ガーメンツのベスト4万9000円(ビームス プラス 原宿) ミラーのカットソー5800円(トール フリー) レッド・ウィングのブーツ2万8700円(レッド・ウイング・ジャパン) レディホワイトの帽子1万7500円(ユーソニアン グッズ ストア)
 

アノラックはリジッドワイドが鉄パン!
エル・エル・ビーンのアノラック×オアスロウの101ダッドジーンズ

エル・エル・ビーンのアノラック×オアスロウの101ダッドジーンズ

腰回りがすっきりしたアノラックは、ワイド&クリーンなリジッドが映える。とくにワインレッドと濃紺は相性抜群。スウェットパーカでフードのレイヤード感も活かしてみよう。

モデル着用/オアスロウの101ダッドジーンズ1万3000円(ベースデニムプロダクツ) エル・エル・ビーンのアノラック8900円(L.L.Bean カスタマーサービスセンター) チャンピオンのパーカ1万500円(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) コンバースのスニーカー1万2000円(コンバースインフォメーションセンター) キャプテン サンシャインの帽子1万円(キャプテン サンシャイン) ルノアの眼鏡3万7000円(ザ パークサイド ルーム)

1UPテク!

フードの重ね技でより立体感を演出
フードの重ね技でより立体感を演出

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「デニムスタイル コーディネートBOOK」の最新記事

野暮ったくならない王道マウンテンパーカ×デニムの着こなし教えます!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ