「男と女の通称“デジツナ缶”談議」

セイコー プロスペックス ダイバースキューバ
					LOWERCASE プロデュース限定モデル

セイコー プロスペックス フィールドマスター LOWERCASE プロデュースモデル
NEW

プロスペックスの“ミニツナ缶”といえば、セイコーのヘリテージである外胴プロテクター構造のプロ用ダイバーズ(通称ツナ缶)を街中で着用しやすいようミニサイズにアレンジしたモデルのこと。発売以来大人気を博し、フィールドウォッチ版やデジタルフェイス版も好調ですが、今冬さらに大幅サイズダウンを果たした新作が登場しちゃいました! この“ミニミニツナ缶”はどんな人におすすめなのか? そしてどんなスタイルに映えるのか? アウトドアやファッションに造詣の深い男女お二方に語り合っていただきました。

アウトドアスタイル悦なお二人

アウトドアスタイル悦なお二人

ゴールドウイン ザ・ノース・フェイス事業部 プロモーショングループ プレスチーム鰐渕 航さん

1986年生まれ。某セレクトショップのPRを経て2016年にゴールドウインに入社し、ザ・ノース・フェイスのPRを担当。昔からキャンプやスノボが好きだったが、現職になってからアウトドア好きがさらに高じ、月2回は山登りに。自社製品のフィールドチェックも率先して行っている。

ユナイテッドアローズ 第一事業部 ウィメンズ商品部 UNITED ARROWS PR課宋 すーちんさん

1991年生まれ。2014年にユナイテッドアローズ入社。UA六本木ヒルズ店のレディス販売スタッフを経て18年8月現職に。いつもはシックな格好が多いが、趣味の野外フェスへは一転してスポーティなアウトドアスタイルで参加。

鰐渕:
いやー随分コンパクトなんですね。さっきスペック表を見たら“ミニツナ缶”より約3㎜、本家の“ツナ缶”と比べたら約10 ㎜も小型化しているようです。

宋:
ツナ缶の精巧なミニチュアのような感じがして、ちょっと可愛いですね。

鰐渕:
外胴プロテクター構造と言うんでしたっけ、このサイズでも伝統のケースデザインを踏襲しているのがすごい。しかも200m空気潜水用防水。手首の細い男性や、宋さんのような女性にぴったりのダイバーズだと思うな。僕は手首が太いからオリジナルサイズのツナ缶のほうがいいかもしれないけれど。

宋:
あえてこのサイズをつけても素敵だと思いますよ。最近は小さなフェイスの時計がトレンドですし。女性目線で見ても、このくらいのサイズの時計をつけている男性のほうがスタイリッシュに見えます。

鰐渕:
たしかに本気でアウトドアで使うならまだしも、街中ならこのサイズ感がお洒落かもしれない。あと冬場はダウンなどのかさばるアウターを着ることが多いから、大きな時計は手首でもたつく。だったらこのくらいのサイズのほうがスマート。

宋:
小さくなったことでなぜかクラシックなダイバーズのイメージが高まっているのもいいですね。これならジャケットスタイルやスーツにも違和感なく馴染むんじゃないでしょうか。

鰐渕:
ツナ缶、ミニツナ缶、ミニミニツナ缶と3本並べると、ミニミニツナ缶が一番クラシックな感じがするんだよね。昔の時計は小さなものが多かったからかな。

宋:
じつは女性の間でヴィンテージのメンズやボーイズの時計をつけるのが流行ってるんですが、これも同じ感覚でつけられそうです。

通称ツナ缶シリーズのサイズ比較

ツナ缶

uet61796
径52.4㎜ / 厚さ17.2㎜
“ツナ缶”は、世界で初めてチタン製ケースを採用した飽和潜水仕様600mダイバーズとして1975年にデビュー。独特の外胴プロテクター構造がツナ缶っぽいことから海外で“TUNA-CAN”と呼ばれるようになり、その呼称が日本のファンの間でも定着した。写真は現行モデルの「セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル SBDX013」。1000m飽和潜水用防水。自動巻き(手巻き付き)。セラミックス+チタン+SSケース。シリコンストラップ。35万円。

ミニツナ缶

uet61819
径45.9㎜ / 厚さ12.1㎜
“ミニツナ缶”はクリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」代表の梶原由景氏のプロデュースにより2016年に登場。伝統の外胴プロテクター構造はそのまま、街中で着用しやすいようぐっと軽量・小型化したところ、たちまち大人気に。「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ LOWERCASE プロデュースモデル SBDN049」。200m空気潜水用防水。ソーラー。ステンレスケース(プロテクター部は強化プラスチック)。シリコンストラップ。4万5000円。

今回のミニミニツナ缶

uet61907
径42.7㎜ / 厚さ11.5㎜
こちらが今回ご紹介の“ミニミニツナ缶”。従来のミニツナ缶と同じくLOWERCASEの梶原由景氏が監修し、さらなる大幅ダウンサイジングを敢行した。小ぶりだが、200m空気潜水用防水をきっちりキープし、ツナ缶らしい存在感もしっかり維持している!

機能がデザインになっているところに
							ウチのアイテムとの親和性を感じます

ザ・ノース・フェイス 鰐渕さんによるアウトドアスタイル案

鰐渕さん

ザ・ノース・フェイス 鰐渕さんによるアウトドアスタイル案
ザ・ノース・フェイスのマウンテンライトジャケット3万6000円、同サンダーラウンドネックジャケット2万5000円、同Tシャツ6800円、同パンツ1万3000円、同シューズ1万1000円。以上(問)ゴールドウイン カスタマー サービス ☎0120-307-560

鰐渕:
この時計にはやっぱり街仕様のライトなアウトドアスタイルが鉄板かなと思いまして、ボクのコーデは全身ウチのアイテムでまとめてみました。

宋:
中にインターダウンもレイヤードしているのに、とっても軽快感があっていいですね。ここは高機能なアウトドアウェアのよさでしょうね。時計とシェルの素材感もぴったり響き合っています。ちなみにこちらのパーカはザ・ノース・フェイスさんの定番デザインですよね。肩の切り替えデザインで、一発でどこのブランドかわかる。

鰐渕:
ウチの伝統デザインですね。ザックなどを担いだときに肩の生地が擦り切れないよう、ここだけより耐久性の高い生地で切り替えているんです。すべてタフな生地で作ればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、そうすると着心地がスポイルされてしまう。だからこうしたデザインが生まれたんです。ちなみに他のブランドにも似たようなデザインはありますが、元祖はウチ(笑)。

宋:
機能がデザインになってるんですね。

鰐渕:
それがいつしか街中でもファッションとして受け入れられたわけです。そのあたりは本格ダイバーズとして生まれながら、タウンユースの時計としても人気を集めてきたツナ缶にも通じる。実際にこのミニミニツナ缶のデザインもひとつひとつのディテールに機能という意味がありますから。

クラシックなアウトドアウェアで
							大人っぽくまとめるのもアリです

ユナイテッドアローズ 宋さんによるアウトドアスタイル案

宋すーちんさん

ユナイテッドアローズ 宋さんによるアウトドアスタイル案
バブアー フォー ユナイテッドアローズのジャケット4万9000円、ユナイテッドアローズのマフラー1万6000円、同パンツ1万8000円、パラブーツ フォー ユナイテッドアローズのシューズ3万3000円。以上(問)ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 ☎03-5772-5501 ソブリンのニット2万9000円。(問)ザ ソブリンハウス ☎03-6212-2150

宋:
先ほども言いましたが、私はこのミニミニツナ缶にちょっとクラシックな雰囲気を感じています。だからスタイリングでは英国伝統のバブアーを合わせて、少し大人っぽいアウトドアスタイルを目指してみました。

鰐渕:
ぐっとシックな感じですね。バブアーのオイルドジャケットはそもそも英国のカントリーサイドで生まれたもので、高機能アウトドアウェアの元祖的な存在。でもどこか品があるのがいいんですよね。

宋:
とくにこのミニミニツナ缶は、文字盤とベゼルにネイビーを用い、金属部分をピンクゴールドカラーとしたかなりエレガントな仕上がり。だから一層バブアーの大人っぽさを引き立てるんじゃないかと思いまして。

鰐渕:
文字盤に合わせてマフラーもネイビーにしたのもワザを感じるなぁ。

宋:
このまま中にグレーやネイビーのスーツを合わせてもお洒落だと思いますよ。その場合、ちょっと素材感のある生地のスーツを選ぶとより素敵。

鰐渕:
たしかにそのコーデはかっこいいかも。今度スーツを着るときに参考にさせていただきます(笑)。

ひとつひとつのディテールに機能に対するこだわりが感じられます

ディテールCHECK!

鰐渕さん

細い腕にもしっくり馴染むコンパクト&スリムな設計。それでいて伝統の外胴プロテクター構造を踏襲し、きっちり200m空気潜水用防水性能も実現しているのがすごい。
細い腕にもしっくり馴染むコンパクト&スリムな設計。それでいて伝統の外胴プロテクター構造を踏襲し、きっちり200m空気潜水用防水性能も実現しているのがすごい。

ネイビー文字盤のモデル(STBR008)は、ベゼルのエッジやリューズ、ラグなど金属パーツをすべてピンクゴールドカラーに。なんと尾錠までピンクゴールドカラーとするこだわりだ。これが独特の高級感を醸成するポイントに。
ネイビー文字盤のモデル(STBR008)は、ベゼルのエッジやリューズ、ラグなど金属パーツをすべてピンクゴールドカラーに。なんと尾錠までピンクゴールドカラーとするこだわりだ。これが独特の高級感を醸成するポイントに。

ラインナップには黒/赤ベゼルのモデル(STBR009)もあり。このように色を切り替えるのは、潜水時間やボンベの残量を把握するためのもので、ダイバーズの伝統ディテールだ。「ザ・ノース・フェイスのアイコンとなっている肩の切り替えデザインと同じで、ちゃんと意味があるんですね」(鰐渕さん)。
ラインナップには黒/赤ベゼルのモデル(STBR009)もあり。このように色を切り替えるのは、潜水時間やボンベの残量を把握するためのもので、ダイバーズの伝統ディテールだ。「ザ・ノース・フェイスのアイコンとなっている肩の切り替えデザインと同じで、ちゃんと意味があるんですね」(鰐渕さん)。

宋:
ところで今回のミニミニツナ缶には3タイプのカラーバリエーションがありますが、鰐渕さんはどれが好みですか?

鰐渕:
メインで紹介したネイビー文字盤もピンクゴールドの差し色が効いていていいけれど、ブラック文字盤に黒/赤ベゼルをセットしたタイプかな。ワンポイントの赤が気に入りました。宋さんは自分でつけるならどれ?

宋:
文字盤もベゼルも黒のタイプですね。ライダースとかボーイッシュなスタイルにつけてみたいです。ただミニミニツナ缶にはもう1本スペシャルなモデルがありまして……。それがコレなんですけど。

鰐渕:
ん? インデックスのデザインが若干違うような。

宋:
じつはこちらはユナイテッドアローズのエクスクルーシブ。文字盤のデザインにはセイコーが1965年に発表した国産初のダイバーズウォッチのダイヤルデザインをイメージしているんですって。

鰐渕:
そう聞くとそっちも魅力的に思えてきたなぁ。

宋:
いずれにしろ今回のミニミニツナ缶のインラインはすべて数量限定だそうですから、気になるモデルがあればすぐに行動に移したほうがいいかもしれませんね。

鰐渕:
いきなりPRモード? でもまぁ、この手首にジャストフィットする感じは実際に店頭で試したほうがいいでしょうね。ミニミニサイズなが

初代セイコーのダイバーズの
							イメージを投影しているんです

ユナイテッドアローズ別注モデルも!!

宋すーちんさん

uet61932

クラシカルなバーインデックスに注目!

今回の「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ LOWERCASE プロデュース限定モデル」をベースに、いち早くユナイテッドアローズが別注を敢行。インデックスと針の形状をセイコーの初代ダイバーズに近づけ、よりクラシックな雰囲気を高めている。「STBR011」。200m空気潜水用防水。ソーラー。径42.7㎜。厚さ11.5㎜。ステンレスケース(プロテクター部は強化プラスチック)。シリコンストラップ。シリコンストラップ。4万円。(問)ユナイテッドアローズ 原宿本店TEL:03-3479-8180 https://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/goods.html?gid=35809671

ミニミニサイズだけど存在感がスゴイ!

ミニミニサイズだけど存在感がスゴイ!

セイコー プロスペックス ダイバースキューバ LOWERCASE プロデュース限定モデル
NEW

uet61907
ミニツナ缶よりも約3㎜もサイズダウンを敢行し、フィット感とファッション性能が向上。ブルー文字盤&ベゼルのタイプは随所のパーツをピンクゴールドカラーとし、よりエレガントかつラグジュな佇まいだ。「STBR008」。200m空気潜水用防水。ソーラー。径42.7㎜。厚さ11.5㎜。ステンレスケース(プロテクター部は強化プラスチック)。シリコンストラップ。限定2000本。5万円。

黒/赤の2トーンベゼルをセットしたタイプ。コーディネートにピリリとスパイスを効かせたいなら、これが絶好。「STBR009」。200m空気潜水用防水。ソーラー。径42.7㎜。厚さ11.5㎜。ステンレスケース(プロテクター部分は強化プラスチック)。シリコンストラップ。限定2000本。4万円。

uet61863
uet61892
黒文字盤×黒ベゼルのシンプルなカラーリング。カジュアルからモードまで、もっとも幅広いスタイルに使えるモデルだ。「STBR007」。200m空気潜水用防水。ソーラー駆動。径42.7㎜。厚さ11.5㎜ステンレスケース(プロテクター部は強化プラスチック)。シリコンストラップ。限定2000本。4万円。

※表示価格は税抜きです。

  • Vol.1 “デジツナ缶”のファッション悦
  • Vol.2 “デジツナ缶”のリゾート悦
  • Vol.3 “デジツナ缶”のスニーカー悦
  • Vol.4 “デジツナ缶”のアウトドアスタイル

(問)セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012

写真/植野 淳 文/吉田 巌(十万馬力) スタイリング/佐々木 誠 ヘアメイク/sachi

facebook facebook WEAR_ロゴ