フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

スポサン四天王“2018年”美しい履き方

もはやファッションに欠かせない定番となったスポサン。定番化ということは、シーズンごとに気分な履き方があったりで、これが楽しい反面、マンネリのタネになったりも……。てことで大人気のスポサン四天王、2018年はこう履くのがモード。教えちゃいます!

 

ポップさに負けないカラーパンツを一点差す
SHAKA/シャカ

ポップさに負けないカラーパンツを一点差す

シャカのアイコン、「ハイカー」はウェビングテープでアッパーを形成するのが特徴。近年はモノトーンカラーが人気で、スポサンとしてはポップな趣。これには主張ある差し色効果で、より大人っぽく見せるカラーパンツがオススメ。トップスをサンダルのモノトーンに合わせると、まとまりよく着られる。

モデル着用/シャカの「ハイカー」8800円。(ブルームーンカンパニー)カラーショーツは個性的だが、アウトドアブランドなら親和性があってスムーズ。エディフィスのシャツ1万1000円(エディフィス 渋谷) ザ・ノース・フェイスのショーツ8400円(ザ・ノース・フェイス原宿店) イエローズプラスの眼鏡3万3000円(ブリンク ベース) その他はスタイリスト私物。

 

シャカの「ハイカー」

シャカの「ハイカー」

 

「SHAKA」ってこんなブランド

1990年代に一世を風靡した南アフリカのサンダルブランド。一度消滅してしまうものの、2013年に復活。昔ながらのファンから若者、女性支持も獲得し、往年以上の人気ぶりとなっている。シャカはズールー族の偉大な王の名に由来。

 

ボリュームのあるビッグシルエットで受け止める
CHACO/チャコ

ボリュームのあるビッグシルエットで受け止める

チャコといえば人間の自然な歩き方をサポートする重厚なフットベッド、「ラブシート」が特徴。印象的にもボリューム感があるため、トップスは今が旬のビッグシルエットがベストなチョイス。スタイルのバランスがとりやすく、互いの持ち味をよりよく見せられる。トップスは同系色ではなく、明るめがベター。

モデル着用/チャコの「Z1クラシック」9500円。(A&F カントリー) 逆に、重厚で抜け感もあるチャコはビッグシルエットの最適解かも! バーバリアンのラガーシャツ1万1500円、サイ ベーシックスのパンツ3万8000円(以上、バーニッシュ) コールのキャップ3600円(セルストア) バトルレイクのバッグ9000円(ユーソニアングッズストア) その他はスタイリスト私物。

 

チャコの「Z1クラシック」

チャコの「Z1クラシック」

 

「CHACO」ってこんなブランド

元靴職人で米国・コロラドのリバーガイド、マーク・ペイジェンが1989年に設立。快適かつフィット感に優れたストラップ、整形外科医の協力を得てフットベッドを開発し、アウトドアだけでなく日常生活でも重宝されている。

 

軽くなりすぎないようにドレスポロで調和させる
TEVA/テバ

軽くなりすぎないようにドレスポロで調和させる

チャコと双璧をなすスポサン生みの親、テバはライトな表情に注目。足を3点でホールドするストラップ、程よい厚さのフットベッドはシンプルで軽快な印象がある。街でTシャツでは軽々しく見えがちなので、ベストは品よく旬なニットポロ。Tシャツチラ見せでレイヤード感を出すと、より調和のとれた着こなしに。

モデル着用/テバの「ハリケーン XLT 2」7800円。(デッカーズジャパン) Tチラの架け橋が、違和感なく映えるコツだ。 ジョン スメドレーのポロシャツ2万6000円(リーミルズ エージェンシー) ザ・ノース・フェイスのショーツ6200円(ザ・ノース・フェイス原宿店) アヤメのサングラス3万円(ブリンク ベース) サンクのバングル4万5000円(セルストア)

 

テバの「ハリケーン XLT 2」

テバの「ハリケーン XLT 2」

 

「TEVA」ってこんなブランド

1984年にグランドキャニオンのリバーガイドが、水辺でビーチサンダルが脱げないよう、足首を固定するストラップを装着。これがスポーツサンダルの元祖で、世界中に人気が拡大した。リーズナブルなプライスも魅力のひとつである。

 

クリーンなイメージを加速させる薄デニムスタイル
KEEN/キーン

クリーンなイメージを加速させる薄デニムスタイル

サンダルの解放感にスニーカーの安定感を実現し、近年随一のエポックとなった「ユニーク」。本作もモノトーンが人気だが、オール白なら薄色デニムが鉄板。肌の露出が少ないユニークは、白スニ感覚で薄色デニムを合わせるとクリーンな印象が加速! 夏にピッタリ、爽やかデニムスタイルの出来上がりだ。

モデル着用/キーンの「ユニーク」1万2000円。(キーン ジャパン) 薄色デニムはトレンド感も随一。クリーンな印象に加え、うまみもたっぷりだ。 メイド イン スタンダードのTシャツ9000円、サニースポーツのデニム2万4000円(以上、セルストア) ライツの眼鏡3万6250円(ブリンク ベース) スティーブ モノのネックレス1万8000円(メイデンズ ショップ)

 

キーンの「ユニーク」

キーンの「ユニーク」

「KEEN」ってこんなブランド

2003年に水陸両用の「ニューポート」でデビューして以来、革新的なフットウェアを生み出し続ける米国の気鋭。ユニークはその名通り、2本のコードが足に自在にフィットするユニークな作りで、シューズシーンに衝撃をもたらした。

 

※表示価格は税抜き

 


[ビギン2018年9月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ