注目のブランドのアウター

昨年も編集部注目のブランドから数々の名品が誕生しました。さて、2023年はどんな傑作モノが登場するのでしょうか!? さっそく編集部がブランドから掴んだ2023年の特ネタを先駆けスク〜〜〜〜プ!!

①[ナンガ]で発見!!
ホンマにナンガ? って思わず聞いちゃう新鮮バーシティ

ナンガのSOFT DOWN VARSITY BLOUSON

SOFT DOWN VARSITY BLOUSON

表のダウンステッチを排し、軽量化も図った新作は、ダウンとは思えぬほどスマート。洗いざらした生地感にバーシティジャケット風のデザインも新鮮で、Tシャツにガバッと羽織れば、梅春も大活躍しそう。3万800円(ナンガ)

②[ザ・ノース・フェイス]で発見!!
ベビー⇄荷物どちらも運べる変わり身のゴア

ザ・ノース・フェイスのCR Transformer Jacket

CR Transformer Jacket

ベースは90年代の名作「スティープ テック」で、付属のベビーカバーがジャケットの前部に連結できたり、鞄にもなる特別仕様。ゴア搭載で、防水透湿性は◎。5万9400円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
 

ジャケットに連結できるベビーカバーはバッグとしても使える

ザ・ノース・フェイスのCR Transformer Jacket

③[マッキントッシュ フィロソフィー]で発見!!
最高にモダンな空調服®の半袖アウター爆誕!

マッキントッシュフィロソフィー×空調服 ジップアップシャツアウター

マッキントッシュフィロソフィー×空調服 ジップアップシャツアウター

マッキントッシュフィロソフィー×空調服®
ジップアップシャツアウター

名コラボの第2弾は、ハイテク素材を使用した半袖シャツアウター。スポーティかつモダンなデザインと配色が印象的で、猛暑を快適に過ごす心強い味方になってくれそう。3万9600円(SANYO SHOKAI(カスタマーサポート))

④[ピレネックス]で発見!!
仏ダウンの名門ピレネックスが、春始めました

ピレネックスのCYCLIC

CYCLIC

じつは2022年に春夏モデルを本格ローンチし、確かな反響を得ていた同社。柔らかいのに適度なハリ&マットな質感を備えるリサイクルナイロン製アノラックは、日常着とも相性◎。3万3000円(グリフィンインターナショナル)

⑤[ポストオーバーオールズ]で発見!!
コーデを選ばずサラッと羽織るのにもってこいの一着!

ポストオーバーオールズのBDU ジャケット

BDU ジャケット

米軍のBDUジャケットを基にアレンジを施したモデルは、毎シーズン好評を博す定番。来季の新作もアシンメトリーな胸ポケが目を引く&程よいリラックス感で、春夏に重宝しそう。4万8400円(ポストオーバーオールズ)

⑥[ザ・ノース・フェイス パープルレーベル]で発見!!
撥水加工を施したマウンテンコートはデイリーユースに◎

ザ・ノース・フェイス パープルレーベルの65/35 マウンテンコート

65/35 マウンテンコート

同ブランドの定番素材“65/35ベイヘッドクロス”を使い、撥水加工も施して機能性もアップ。そのうえ急な雨にも対応可能な収納フードを装備と、シーズン問わず活躍が期待できる一着だ。4万9500円(ナナミカ マウンテン)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2023年2・3月月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2023年2・3月号

Begin 2023年2・3月号

Begin Best100

特別定価850円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ