アーバンリサーチ

毎日のようにケアが必要な衣類のメンテ=メインは洗濯ってことで、ここでは「洗濯王子」としても名を馳せる中村祐一さんに取材。あまりに身近すぎておざなりになりがちな洗濯&メンテのあれやこれやをお送りします。

 

じつは…ストレッチ素材の多くは意外とデリケート!
イージーケアとはいえ結構デリケート

カジュアルセットアップやイージーパンツなど、大流行しているポリウレタン混のストレッチ服。イージーケアを謳うものも多いですが、それはウール素材のスーツなどに比べて「自宅で洗濯できる」「シワになりにくい」という点で、ケアが楽だということ。

「ポリウレタンは基本的にゴムと同じ素材で、右に挙げるように意外とデリケートなんです。たとえば水に濡れると伸びるという性質がありますし。また、素材の寿命は3年程度といわれています。私たちを甘やかしてくれる楽チン服ですが、その分こちらからも労って洗濯してあげてください」。

 

ストレッチ素材の多くは外とデリケート

 

【1】伸びやすい

ポリウレタンはJIS規格でもゴムの一種に分類される素材。それゆえ、よく伸び縮みするが、その分、劣化しやすい。しかも水に濡れている時間が長いほど劣化が進むので、注意が必要だ。

 

洗うと伸びる

洗うと伸びる

水分を含んだ状態で遠心力をかけると、必要以上に伸びてしまう。ヘンに絡まった場合は簡単に臨界点を超え、戻り切らないことも。

 


ネット洗いに

ネット洗いに

そのような悲劇を防ぐためには、不用意に他の衣服と接触しないよう洗濯ネットに入れるべし。これだけでずいぶんと違う。

 

【2】紫外線に弱い

ポリウレタンはことさら紫外線への耐性が弱く、直射日光に当たると、ただでさえ長くはない繊維の寿命がより短命になってしまう。

 

干すなら陰干し

紫外線に弱い

やはり日陰に干したほうが無難。その際はハンガーを2本使う、ピンチで複数箇所留めて吊るすなど、荷重の分散を心がけること。

 

【3】熱に弱い

ゴムの一種なので熱にも強くない。速乾性があるものの、乾燥機は積極的にはすすめられない。乾燥機を使う場合、終了後にそのまま放置すると変なクセがつく恐れもある。

 

アイロンは当て布で

熱に弱い

アイロンも基本的には避ける。シワには強いのであまり困らないはずだが、どうしてもアイロンを掛けたい場合は当て布をすること。

 

まとめ

洗うときはネット

干すときは日陰で立体干しor平干し

アイロンは当て布必須

ストレッチ素材のカジュアルセットアップなどは、自宅で洗濯できるといっても、デリケートなお洒落着と同様の扱いをしてあげるべき。具体的には上の3箇条を心がけること。幸いにも乾きが早いので、乾燥機には頼らないことが望ましい。また、下記のNG項目も参照されたし。

 

【補足】コレは絶対ダメ

漂白剤

漂白剤を使うと酸化が進み、生地が老化してしまう。すなわちポリウレタンならではの弾力が損なわれる。自殺行為に等しいのだ。

 

浸け置き洗い

繰り返しになるが、ポリウレタンは水に濡れている時間が長いほど劣化が進む(加水分解)。そのため浸け置き洗いも言語道断。

 

メンテナンス達人 洗濯家中村祐一さん

[ 洗濯家 ]
中村祐一さん

メンテナンス達人
家業がクリーニング店だったことから洗濯の奥深さに目覚め、日本初の洗濯アドバイザーとして活躍。メディアへの出演も多数。

 


[ビギン2018年1月号の記事を再構成]
写真/植野 淳 文/山田純貴 間中美希子 礒村真介 黒澤正人 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ