アーバンリサーチ

センスのよさを感じるシャレたグッズでUV対策

日陰に松〇しげる殺到!? 紫外線対策はコレ!

国内の紫外線量は1990年の観測開始以来、年々増加の一途を辿っているんだとか。あの手この手で冷却するのもアリだけど、強烈な日差しをどう遮るか?も、涼しく過ごす重要なポイント。

そこでアウトドアではサンシェードが活躍するのは周知の通りだけど、ビーチでも山でもみんな似たり寄ったり。どうせなら“オシャレに日除け”すべし!ってことで推したいのが、ビューティ&ユース別注コールマンIGシェード(写真左上)です。

見ておわかりのように、ありそうでなかった男らしい黒仕様。アウトドアギアってポップなモノが多いなか、あえての黒ってのがソソるでしょ? もちろんサンシェードは夏に使われることが多いけど、紫外線軽減を考えればオールシーズン使えるから、今買っても損はなし。

また帽子や傘もファッション感度の高いブランドものを選んで、オシャレにUV対策しちゃいましょ!

男心をくすぐるオールブラック

COLEMAN×BEAUTY&YOUTH別注 クイックアップ IGシェード

COLEMAN×BEAUTY&YOUTH別注
クイックアップ IGシェード

大人っぽさを醸す、サンシェードでは珍しい黒を採用。ポップアップ式だから設営&撤収が楽チン、室内の高さもしっかり確保、内側にはポケット完備と使い勝手も◎。W200×D150×H125cm/使用時。1万2980円(ビューティ&ユース 丸の内店)
 

ベンチレーションで通気性をしっかり確保

COLEMAN×BEAUTY&YOUTH別注 クイックアップ IGシェード

 

虫除け成分配合の特殊なメッシュを採用

COLEMAN×BEAUTY&YOUTH別注 クイックアップ IGシェード

忘れがちな首後ろをカバー!

halo commodity ハロ コモディティ Locoloco SH Cap

halo commodity ハロ コモディティ Locoloco SH Cap

halo commodity[ハロ コモディティ]
Locoloco SH Cap

帽子も被って紫外線対策はバッチリ、と思っていても案外見落としがちなのが首の後ろ。そこで後方にもツバが付いたメッシュキャップを。後ろのバイザーは着脱可能だから、外せば普通のキャップとして使える。55〜60cm。7590円(ランチ)

さりげな~いロゴもクール!

and wander アンドワンダー ユーロシルムアンブレラ UV

and wander アンドワンダー ユーロシルムアンブレラ UV

and wander[アンドワンダー]
ユーロシルムアンブレラ UV

独の老舗傘メーカーが手掛ける“スイング ライトフレックス”の傘部を4cmほど長くした別注品。雨、強風だけでなく生地にはUVカット機能が施され、紫外線から肌を守ってくれる。68cm。1万1000円(アンドワンダー)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年10月号

Begin 2022年10月号

本格靴会議2022

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ